本日のウクレレ講座は、
ウクレレのドレミの位置についてお伝えします。

(チューニング Hight-G の場合の内容です)
 

音の位置

先日、新しい生徒さん(ウクレレ経験のある方)に、
ドレミファソラシド
の位置をお伝えしました。
 
その時に、
「ウクレレでは、ドの音が色々な場所にあります
ということを伝えると、

「今まで知らなかったです」
という答えがかえってきました。

経験者の方でも、
あまり意識していない部分だと思います。

 
一番簡単に押さえられる(3フレットまでで完結する)、
ドレミファソラシドは、
以前の記事
「ウクレレでドレミを弾いてみましょう〜タブ譜の読み方」
の中で紹介しました。
そちらをご参照下さい。

今回は、応用編です。

 
3弦で説明するのが一番わかりやすいと思います。

3限の0(ゼロ)フレットは「ド C」の音です。
3弦の2フレットは「レ D」の音です。

 
では、
3弦の1フレットは何の音でしょう?

ドとレの間の音は、
ド# もしくは、レ♭ になります。

(ド# と レ♭ は同じ音です)

 

これで、少しわかったと思います。
ウクレレは、
ピアノの白鍵盤と黒鍵盤をフラットにしたものです。

こんな感じ↓
 

 
それなので、
3弦は、0(ゼロ)フレットから、
ド ド♯ レ レ♯ ミ ファ ファ# ソ ソ# ラ ラ# シ ド
というようになっているんです。

 
そして、
12フレットが、0フレットの1オクターブ上の音
になります。

 

 
これは、どの弦も同じ事。
ただ、0フレットの音が違うので、
1弦だと、
ラ ラ# シ ド ド# レ レ# ミ ファ ファ# ソ ソ# ラ
となります。

 

他の弦も弾いてみて下さい。
 

あなたも、ウクレレを奏でてみませんか?

もし、あなたがウクレレに興味をお持ちでいらっしゃるなら、また基礎からしっかりと学べるウクレレ教室をお探しなら、当教室の体験レッスンへご参加になられてはいかがでしょうか?

ウクレレは、楽器経験のない方でもはじめから弾きやすい楽器です。

楽器未経験の生徒さんが、体験レッスン(60分)で「きらきら星」が弾けるようになっていらっしゃいます(ウクレレ経験の有無によって課題曲は異なります。成果には、個人差があります)。

もし楽器をお持ちでなくても、体験レッスンではウクレレをお貸しすることも可能です(ご希望の方には、ウクレレのご購入についてもアドバイスさせていただいております)。

個人レッスンですので、あなたのペースやご要望に合わせて指導させていただきます。

また、最近は体験レッスンを受講されたうえで、ご入会なさるかどうかを判断される方も少なくありません。

かぎられた時間ではありますが“ウクレレのある生活”を、どうぞ体験しにいらしてください。

体験レッスンについて詳しくお知りになりたい方は、こちらをクリック⇒

ご予約・お問い合わせは、ネット・LINE・お電話から

友だち追加