本日のウクレレ講座は、
ウクレレのドレミの位置についてお伝えします。

(チューニング Hight-G の場合の内容です)

 

音の位置

先日、新しい生徒さん(ウクレレ経験のある方)に、
ドレミファソラシド
の位置をお伝えしました。

 

その時に、
「ウクレレでは、ドの音が色々な場所にあります
ということを伝えると、

「今まで知らなかったです」
という答えがかえってきました。

経験者の方でも、
あまり意識していない部分だと思います。

 

一番簡単に押さえられる(3フレットまでで完結する)、
ドレミファソラシドは、
以前の記事
「ウクレレでドレミを弾いてみましょう〜タブ譜の読み方」
の中で紹介しました。
そちらをご参照下さい。

今回は、応用編です。

 

3弦で説明するのが一番わかりやすいと思います。

3限の0(ゼロ)フレットは「ド C」の音です。
3弦の2フレットは「レ D」の音です。

 

では、
3弦の1フレットは何の音でしょう?

ドとレの間の音は、
ド# もしくは、レ♭ になります。

(ド# と レ♭ は同じ音です)

 

これで、少しわかったと思います。
ウクレレは、
ピアノの白鍵盤と黒鍵盤をフラットにしたものです。

こんな感じ↓

 

 

それなので、
3弦は、0(ゼロ)フレットから、
ド ド♯ レ レ♯ ミ ファ ファ# ソ ソ# ラ ラ# シ ド
というようになっているんです。

 

そして、12フレットが、0フレットの1オクターブ上の音になります。

 

 

これは、どの弦も同じ事。
ただ、0フレットの音が違うので、
1弦だと、
ラ ラ# シ ド ド# レ レ# ミ ファ ファ# ソ ソ# ラ
となります。

 

他の弦も弾いてみて下さい。

 

女性限定メルマガ  自宅でできる「無料ウクレレ メール レッスン」

15回の無料メール レッスンで、ウクレレソロの弾き方やコツが自宅で学べます。

 

課題曲は、ハワイの名曲「カイマナヒラ」

この曲をテーマに、楽譜(タブ譜)の見方から
ウクレレソロの基本の弾き方やコツなどを学ぶことができます。
 
このレッスン用にアレンジされた
「カイマナヒラ」の楽譜は、無料でダウンロードできます。

 

メールの文章だけでなく、動画や写真でわかりやすく解説しています。

 

このレッスンでわかること

  • ウクレレソロとは?
  • 楽譜(タブ譜)の見方
  • ウクレレソロの弾き方の基本やポイント
  • 右手の弾き方
  • 左手の押さえ方
  • メロディーと伴奏を弾きわける方法
  • 効果的な練習方法

など