ウクレレには、いろいろな演奏スタイル、演奏方法があります。

その中でも、

  • 弾き語り
  • ウクレレソロ

の違いについてお伝えしたいと思います。
 

弾き語り

歌を歌いながら、ウクレレで伴奏するスタイル。

おそらく多くの方が、
ウクレレというとこのスタイルを思い浮かべると思います。

牧伸二さんや
高木ブーさんのスタイルです。

 

弾き語りの特徴

  • メロディーを歌う
  • 伴奏をウクレレで

という具合に、役割分担をして、メロディーと伴奏を明確にしています。

 

弾き語りの楽譜

主に、歌の歌詞の上にコードが書いてあるもの
を使っている方が多いと思います。

ウクレレソロ

ウクレレソロとは、
歌を歌わない、ウクレレだけの演奏スタイルです。

映画フラガール の曲を演奏している、ジェイク・シマブクロさん
日本人奏者だと、名渡山遼さん
などの演奏スタイルです。

ギターで言うと、クラッシックギター でしょうか。

 

ウクレレソロの名称

  • ウクレレソロ
  • ソロウクレレ
  • ソロ弾き
  • ウクレレ インストゥルメンタル
  • ウクレレ インスト

などの名称があります。

当サイトでは、「ウクレレソロ」と表記します。

ウクレレソロの特徴

ウクレレソロは、弾き語りとは違い、
メロディーも伴奏もウクレレが担当します。

一人二役という感じでしょうか。

ウクレレソロの楽譜

主に、五線譜と並行して、タブ譜を利用している方が多いと思います。

 

当教室でも、タブ譜を使用しています。

タブ譜とは、ウクレレやギター用の楽譜で、
五線譜より簡単で、左手で押さえる部分が記載されている楽譜です。

楽譜には、メロディーと伴奏が書いてあります。
楽譜通りに弾いていくと、曲が完成します。

「一人で二役を担当するのは、大変じゃない?」
と思うかもしれませんが、ご安心ください。

ウクレレソロにも弾き方の基本やコツがありますので、
それを理解できれば、
誰でも弾けるようになります。

 


いかがだったでしょう?

「ウクレレを弾きたい」と言っても、
2つの大きな違いがありますね。

あなたの好きなウクレレ スタイルを見つけて、
ウクレレ楽しんでください。

あなたも、ウクレレを奏でてみませんか?

もし、あなたがウクレレに興味をお持ちでいらっしゃるなら、また基礎からしっかりと学べるウクレレ教室をお探しなら、当教室の体験レッスンへご参加になられてはいかがでしょうか?

ウクレレは、楽器経験のない方でもはじめから弾きやすい楽器です。

楽器未経験の生徒さんが、体験レッスン(60分)で「きらきら星」が弾けるようになっていらっしゃいます(ウクレレ経験の有無によって課題曲は異なります。成果には、個人差があります)。

もし楽器をお持ちでなくても、体験レッスンではウクレレをお貸しすることも可能です(ご希望の方には、ウクレレのご購入についてもアドバイスさせていただいております)。

個人レッスンですので、あなたのペースやご要望に合わせて指導させていただきます。

また、最近は体験レッスンを受講されたうえで、ご入会なさるかどうかを判断される方も少なくありません。

かぎられた時間ではありますが“ウクレレのある生活”を、どうぞ体験しにいらしてください。

体験レッスンについて詳しくお知りになりたい方は、こちらをクリック⇒

ご予約・お問い合わせは、ネット・LINE・お電話から

友だち追加