ウクレレの音色に、
爪の長さが関係している事をご存知ですか?
 
 
ウクレレの弦を押さえる左手の爪は
短くしているのではないでしょうか?
 
 
それでは、右手の爪の長さは気にしていますか?
 
左右同じように、
短く切っているかもしれませんが、
もし、お仕事や生活に支障がないようでしたら、
右手の爪は少し伸ばして弾いてみて下さい。

 

音色が変わります!!!

 
 
 
私は、ウクレレを始めたばかりの頃、
当時の先生の爪を真似して、

  • 左手は短く
  • 右手は少し長く

していました。
 
それからも、ずーっとそのスタイルです。
 
 

けれど、時々、
特に冬場の乾燥する時期に、
爪を割ってしまう事があります。
 
その時、必然的に爪が短くなるのですが、
爪が長い時と、音色が全く違うのです。

  • 爪が短いと、指の腹だけで弦を弾く
  • 爪が長いと、指の腹と爪が弦に当たる

爪が当たるか、当たらないかで、
音色が全く違うのです。

 

指の腹だけだと、味気のない音。

それに爪が加わるだけで、
音が伸びるというか、
響くのです。

 
 
もし、左右とも短くしていたなら、
一度右の爪だけ伸ばして弾いてみて下さい。
 
私の場合は、あまり伸びすぎると
弾きにくくなります。
 

右手の爪の丁度いい長さは、
一人一人の弾き方や
楽器によって変わってきます。

調整しながら、
丁度いい長さを見つけて頂けたらと思います。
 
 

はじめてウクレレを弾く、40代、50代の女性のあなたへ

女性限定メルマガ〜自宅でできる「はじめてのウクレレ・メール講座」

全12回の無料メール講座で、
ウクレレの持ち方から、楽譜の見方、基本の弾き方などが自宅で学べます。

 
課題曲は、誰でも知っている
「ハッピー・バースデー」
Happy Birthday to You
 
この曲をテーマに、
ウクレレの持ち方から
基本の弾き方、楽譜の見方
などを学ぶことができます。
 
 

このレッスンでわかること

  • ウクレレの持ち方
  • 楽譜(タブ譜)の見方
  • ウクレレの音を合わせる方法〜チューニング
  • ウクレレの弾き方の基本
  • 右手の弾き方
  • 左手の押さえ方

など