あなたはウクレレを弾く時、
どのくらいの音量で弾いていますか?
 

  • 集合住宅にお住いの方
  • 夜しか弾く時間がない方
  • 一緒に住んでいる家族に遠慮してしまう方

 
特に始めたばかりだと、

  • 自分は上手ではないから、人に聞かれたくない
  • 恥ずかしい

などの理由で、
小さい音で弾いていませんか?
 

小さい音で弾いていると・・・

いつも小さい音で、指先だけで弾いていると、
それが、癖になります。
 

そうすると、
大きな音で、ダイナミックに演奏したい時、
「大きな音が出せない」
という現象が起こります。
 

大きな音で弾いていると・・・

いつも大きな音で弾いていると、
「指を大きく動かす」
という癖がつきます。

 

それにより、
ダイナミックな演奏に繋がります。

 

大きな動きが出来ていると・・・

大きな動きは勿論、

小さな動きも、
練習をしなくても
自然と出来るようになっています。
 
曲の表現にも役立ちますね。
 

もう一つの良いこと

大きい音で弾くと、
知らず知らずの間に、
あなたの癒しにも繋がっているはずです。
 
 
小さく弾いた後より、
大きく弾いた後の方が、
気持ちがスッキリしませんか?
 
 
大きな音で、
大きく指を動かすことで、
ストレス発散の役目も果たしているのです。
 
 
 
このように、大きな音で弾くと、
演奏の技術面だけでなく、
メンタル部分への効果もあるのです。
 
 

周りへの気遣いも忘れずに、
大丈夫な時は、
ぜひ、大きな音で弾いて頂きたいと思います。
 

はじめてウクレレを弾く、40代、50代の女性のあなたへ

女性限定メルマガ〜自宅でできる「はじめてのウクレレ・メール講座」

全12回の無料メール講座で、
ウクレレの持ち方から、楽譜の見方、基本の弾き方などが自宅で学べます。

 
課題曲は、誰でも知っている
「ハッピー・バースデー」
Happy Birthday to You
 
この曲をテーマに、
ウクレレの持ち方から
基本の弾き方、楽譜の見方
などを学ぶことができます。
 
 

このレッスンでわかること

  • ウクレレの持ち方
  • 楽譜(タブ譜)の見方
  • ウクレレの音を合わせる方法〜チューニング
  • ウクレレの弾き方の基本
  • 右手の弾き方
  • 左手の押さえ方

など