チューニングができ、弾き方がわかったら、
まずは、
ドレミファソラシド
を弾いてみましょう。

 
今回は、親指の腹で弾くのが、
弾き易いのではと思います。
 

 

ドレミファソラシドの譜面

ドレミファソラシドを譜面でみると
こんな感じ↓

 


CDE

 
上の段は五線譜
下の段はTAB譜 (たぶふ)
と言います。

 

TAB譜(タブふ)の見方

弾く前に、
TAB譜の見方をお伝えします。

 

TAB
上②の図のように、上から
1弦
2弦
3弦
4弦

の順になっています。
ウクレレを上から見た図と同じになります。

 

左手の押さえる場所

①の図に書いてある数字は、
左手で押さえる位置が表示してあります。

 
押さえる位置は、フレットの金具の上ではなく、
金具と金具の間を押さえます
(下③の図ので表示されている位置)

 


IMG_3133 31

 

上③の図
例えば、
「2弦1フレット」(F ファ)を弾く時は、
上のの位置を押さえます。

 

同じ様に
「3弦2フレット」(D レ)を弾く時は、
下のの位置を押さえます。

 

0(ゼロ)と書いてあるのは開放弦で、何も押さえません。

 

ド  3弦の開放(何も押さえない)0(ゼロ)
レ  3弦の2フレット
ミ  2弦の開放 0(ゼロ)
ファ 2弦の1フレット
ソ  2弦の3フレット
ラ  1弦の開放 0(ゼロ)
シ  1弦の2フレット
ド  1弦の3フレット

 
左手はこのように押さえて、
右手で弾くと、
ドレミファソラシド
が弾けます。

 

文章で説明すると、
なんだかとても難しいように感じますね。

けれど、レッスンでは、
実際に弾きながらの説明になるので、
文章で理解するより簡単のような気がします。

 

あなたも、ウクレレを奏でてみませんか?

もし、あなたがウクレレに興味をお持ちでいらっしゃるなら、また基礎からしっかりと学べるウクレレ教室をお探しなら、当教室の体験レッスンへご参加になられてはいかがでしょうか?

ウクレレは、楽器経験のない方でもはじめから弾きやすい楽器です。

楽器未経験の生徒さんが、体験レッスン(60分)で「きらきら星」が弾けるようになっていらっしゃいます(ウクレレ経験の有無によって課題曲は異なります。成果には、個人差があります)。

もし楽器をお持ちでなくても、体験レッスンではウクレレをお貸しすることも可能です(ご希望の方には、ウクレレのご購入についてもアドバイスさせていただいております)。

個人レッスンですので、あなたのペースやご要望に合わせて指導させていただきます。

また、最近は体験レッスンを受講されたうえで、ご入会なさるかどうかを判断される方も少なくありません。

かぎられた時間ではありますが“ウクレレのある生活”を、どうぞ体験しにいらしてください。

体験レッスンについて詳しくお知りになりたい方は、こちらをクリック⇒

ご予約・お問い合わせは、ネット・LINE・お電話から

友だち追加