先日、レッスン受講生Tさんから
こんな質問を受けました。

 

「人差し指で伴奏の部分を弾く時の、
指の角度がわからなくなってしまったので
教えて下さい。」

という内容でした。

 

質問内容をもう少し詳しくお伝えすると、

「人差し指で、4つの弦をアップ、ダウンと弾く時、
主にウクレレソロでは、伴奏の部分を弾く時。
その時の、人差し指の角度を教えて欲しい。」

という内容です。

 

人差し指の角度

人差し指を弦に当てる時は、
弦に対して直角に当てます。

 

  • ダウンの時は、爪が弦に当たり、
  • アップの時は、指の腹が弦に当たります。

 

指は、曲げたり伸ばしたりはできますが、
下記の写真

 

 

横に曲げることは出来ません。
下記の写真

 

横には曲げられないので、
指の横(側面)を弦に当てると、
指が弦に引っかってしまうのです。

ぎこちない音になります。

 

それなので、
指の爪側と腹でアップダウンと弾きます。

 

ただジャカジャカ弾くだけの事でも、
ちょっとした角度で、
音色も変わってきます。

 

一番良い音がなる角度を見つける
参考になればと思います。

 

あなたも、ウクレレを奏でてみませんか?

もし、あなたがウクレレに興味をお持ちでいらっしゃるなら、また基礎からしっかりと学べるウクレレ教室をお探しなら、当教室の体験レッスンへご参加になられてはいかがでしょうか?

ウクレレは、楽器経験のない方でもはじめから弾きやすい楽器です。

楽器未経験の生徒さんが、体験レッスン(60分)で「きらきら星」が弾けるようになっていらっしゃいます(ウクレレ経験の有無によって課題曲は異なります。成果には、個人差があります)。

もし楽器をお持ちでなくても、体験レッスンではウクレレをお貸しすることも可能です(ご希望の方には、ウクレレのご購入についてもアドバイスさせていただいております)。

個人レッスンですので、あなたのペースやご要望に合わせて指導させていただきます。

また、最近は体験レッスンを受講されたうえで、ご入会なさるかどうかを判断される方も少なくありません。

かぎられた時間ではありますが“ウクレレのある生活”を、どうぞ体験しにいらしてください。

体験レッスンについて詳しくお知りになりたい方は、こちらをクリック⇒

ご予約・お問い合わせは、ネット・LINE・お電話から

友だち追加