今日は、左手の指づかいの基本をお伝えしたいと思います。
 
 

キレイな指づかいは、
キレイな音に繋がるので、
基本を実践していただきたいと思います。
 
 

左手の守備範囲

左手で弦を押さえる時、
それぞれの守備範囲があります。

  • 人差し指は 1フレット
  • 中指は 2フレット
  • 薬指は 3フレット

これが基本になります。

それなので、
Cコードの場合




を押さえる時は、
1弦3フレットは薬指で押さえます。

 

 
 
Cコードの場合、一つの弦しか押さえないので、
時々、中指や人差し指で押さえている方がいますが、
薬指で押さえた方がキレイです。

例外もあります。

例えば、Cコードを弾いた後、
直ぐに5フレットや7フレットに音が飛ぶ場合は、
人差し指や中指で
1弦3フレットを押さえた方が良い場合もあります。
 
 
ウクレレは自由な楽器で、
割となんでもありな部分が多いのですが、
指の守備範囲は基本なので、
守られていると、上手に見えますね。
 
 

あなたも、ウクレレを奏でてみませんか?

もし、あなたがウクレレに興味をお持ちでいらっしゃるなら、また基礎からしっかりと学べるウクレレ教室をお探しなら、当教室の体験レッスンへご参加になられてはいかがでしょうか?

ウクレレは、楽器経験のない方でもはじめから弾きやすい楽器です。

楽器未経験の生徒さんが、体験レッスン(60分)で「きらきら星」が弾けるようになっていらっしゃいます(ウクレレ経験の有無によって課題曲は異なります。成果には、個人差があります)。

もし楽器をお持ちでなくても、体験レッスンではウクレレをお貸しすることも可能です(ご希望の方には、ウクレレのご購入についてもアドバイスさせていただいております)。

個人レッスンですので、あなたのペースやご要望に合わせて指導させていただきます。

また、最近は体験レッスンを受講されたうえで、ご入会なさるかどうかを判断される方も少なくありません。

かぎられた時間ではありますが“ウクレレのある生活”を、どうぞ体験しにいらしてください。

体験レッスンについて詳しくお知りになりたい方は、こちらをクリック⇒

ご予約・お問い合わせは、ネット・LINE・お電話から

友だち追加