ウクレレを弾くとき、
右手は弦のどの辺りで弾いていますか?
 
 
無意識に、ウクレレを持った時のポジションで
弾いているのではないかと思います。
 
 
一度、鏡の前で弾いて観察してみると、
自分がどう弾いているのかがわかりますね。

一番良い位置は?

一番音が響くのは、
「弦の中心」と言われています。
 
それなので、「ナットからサドルの中心」
だいたい、12フレット辺りです。
 
 
無意識にでも、12フレット辺りで弾いていると思いますが、

  • 余分な力が入っている
  • 姿勢が悪い
  • 持ち方が不自然

などで、弾く位置がずれてしまうことがあります。
 
 
私は時々、自分のフォームの確認のために、
鏡の前で弾いてチェックしています。
 
 

ナットとサドルって?

下記の写真でご確認ください。
 
 

 
その他の、ウクレレの各部名称の
詳細はこちら
 

どんな音になるの?

12フレットが基本だとすると、
ナット側は音が優しくなり、
サドル側は音が硬くなります。
 
 
このように、
弾く位置で、音質が変わってくるので、
曲の雰囲気を出したい時などに、
わざと

10フレット辺りを弾いたり、
サウンドホール辺りで弾いたり

と、弾きわけています。
 
 

はじめてウクレレソロを弾く、40代、50代の女性のあなたへ

自宅でできる「はじめてのウクレレ・メール講座」

全12回の無料メール講座で、
ウクレレの持ち方から、楽譜の見方、ウクレレソロの基本の弾き方などが自宅で学べます。

 
課題曲は、誰でも知っている
「ハッピー・バースデー」
Happy Birthday to You
 
この曲をテーマに、
ウクレレの持ち方から
基本のウクレレソロの弾き方、楽譜の見方
などを学ぶことができます。
 
 

このレッスンでわかること

  • ウクレレの持ち方
  • 楽譜(タブ譜)の見方
  • ウクレレの音を合わせる方法〜チューニング
  • ウクレレソロの弾き方の基本
  • 右手の弾き方
  • 左手の押さえ方

など