ウクレレを弾くとき、
右手は弦のどの辺りで弾いていますか?
 
 
無意識に、ウクレレを持った時のポジションで
弾いているのではないかと思います。
 
 
一度、鏡の前で弾いて観察してみると、
自分がどう弾いているのかがわかりますね。

一番良い位置は?

一番音が響くのは、
「弦の中心」と言われています。
 
それなので、「ナットからサドルの中心」
だいたい、12フレット辺りです。
 
 
無意識にでも、12フレット辺りで弾いていると思いますが、

  • 余分な力が入っている
  • 姿勢が悪い
  • 持ち方が不自然

などで、弾く位置がずれてしまうことがあります。
 
 
私は時々、自分のフォームの確認のために、
鏡の前で弾いてチェックしています。
 
 

ナットとサドルって?

下記の写真でご確認ください。
 
 

 
その他の、ウクレレの各部名称の
詳細はこちら
 

どんな音になるの?

12フレットが基本だとすると、
ナット側は音が優しくなり、
サドル側は音が硬くなります。
 
 
このように、
弾く位置で、音質が変わってくるので、
曲の雰囲気を出したい時などに、
わざと

10フレット辺りを弾いたり、
サウンドホール辺りで弾いたり

と、弾きわけています。
 
 

あなたも、ウクレレを奏でてみませんか?

もし、あなたがウクレレに興味をお持ちでいらっしゃるなら、また基礎からしっかりと学べるウクレレ教室をお探しなら、当教室の体験レッスンへご参加になられてはいかがでしょうか?

ウクレレは、楽器経験のない方でもはじめから弾きやすい楽器です。

楽器未経験の生徒さんが、体験レッスン(60分)で「きらきら星」が弾けるようになっていらっしゃいます(ウクレレ経験の有無によって課題曲は異なります。成果には、個人差があります)。

もし楽器をお持ちでなくても、体験レッスンではウクレレをお貸しすることも可能です(ご希望の方には、ウクレレのご購入についてもアドバイスさせていただいております)。

個人レッスンですので、あなたのペースやご要望に合わせて指導させていただきます。

また、最近は体験レッスンを受講されたうえで、ご入会なさるかどうかを判断される方も少なくありません。

かぎられた時間ではありますが“ウクレレのある生活”を、どうぞ体験しにいらしてください。

体験レッスンについて詳しくお知りになりたい方は、こちらをクリック⇒

ご予約・お問い合わせは、ネット・LINE・お電話から

友だち追加