ウクレレのそれぞれのパーツの名前の紹介です。
ウクレレを弾いていくうちに、しぜんと覚えていくと思います。

 

IMG_3133 2

 

・ヘッド
ウクレレの頭に当たる部分。

 

・ペグ
ヘッドについている、弦の張り具合を調整するパーツ。
弦の張り替えや、チューニングをする時に、
ヘッドの裏側についているネジを回して使います。

 

・ナット
弦を支えているパーツ。
プラスチックや牛骨などで出来ています。

 

・ネック
左手で弦を押さえる時に持つ部分。

 

・指板・フィンガーボード
ネックの上についている部分。

 

・フレット
指板の上に打ち付けてある、金属の棒状のもの。

 

・ポジションマーク
楽器によって様々ですが、
指板の上と横の、
5、7、10、12フレットについているマーク。

 

・ボディー
ひょうたん型の部分

 

・サウンドホール
ボディーにあいている穴。

 

・ブリッジ
弦を固定する部分。

 

・サドル
ブリッジについている細長いパーツ。
素材は、ナットと同じ牛骨やプラスチックでできている。
サドルの高さを調整することで、
弦高(弦の高さ)や、音程を調整できる。

 

少しずつ覚えていきましょう ♪

 

あなたも、ウクレレを奏でてみませんか?

もし、あなたがウクレレに興味をお持ちでいらっしゃるなら、また基礎からしっかりと学べるウクレレ教室をお探しなら、当教室の体験レッスンへご参加になられてはいかがでしょうか?

ウクレレは、楽器経験のない方でもはじめから弾きやすい楽器です。

楽器未経験の生徒さんが、体験レッスン(60分)で「きらきら星」が弾けるようになっていらっしゃいます(ウクレレ経験の有無によって課題曲は異なります。成果には、個人差があります)。

もし楽器をお持ちでなくても、体験レッスンではウクレレをお貸しすることも可能です(ご希望の方には、ウクレレのご購入についてもアドバイスさせていただいております)。

個人レッスンですので、あなたのペースやご要望に合わせて指導させていただきます。

また、最近は体験レッスンを受講されたうえで、ご入会なさるかどうかを判断される方も少なくありません。

かぎられた時間ではありますが“ウクレレのある生活”を、どうぞ体験しにいらしてください。

体験レッスンについて詳しくお知りになりたい方は、こちらをクリック⇒

ご予約・お問い合わせは、ネット・LINE・お電話から

友だち追加