ウクレレのそれぞれのパーツの名前の紹介です。
ウクレレを弾いていくうちに、しぜんと覚えていくと思います。

 

IMG_3133 2

 

・ヘッド
ウクレレの頭に当たる部分。

 

・ペグ
ヘッドについている、弦の張り具合を調整するパーツ。
弦の張り替えや、チューニングをする時に、
ヘッドの裏側についているネジを回して使います。

 

・ナット
弦を支えているパーツ。
プラスチックや牛骨などで出来ています。

 

・ネック
左手で弦を押さえる時に持つ部分。

 

・指板・フィンガーボード
ネックの上についている部分。

 

・フレット
指板の上に打ち付けてある、金属の棒状のもの。

 

・ポジションマーク
楽器によって様々ですが、
指板の上と横の、
5、7、10、12フレットについているマーク。

 

・ボディー
ひょうたん型の部分

 

・サウンドホール
ボディーにあいている穴。

 

・ブリッジ
弦を固定する部分。

 

・サドル
ブリッジについている細長いパーツ。
素材は、ナットと同じ牛骨やプラスチックでできている。
サドルの高さを調整することで、
弦高(弦の高さ)や、音程を調整できる。

 

少しずつ覚えていきましょう ♪

 

はじめてウクレレを弾く、40代、50代の女性のあなたへ

女性限定メルマガ〜自宅でできる「はじめてのウクレレ・メール講座」

 

全12回の無料メール講座で、
ウクレレの持ち方から、楽譜の見方、基本の弾き方などが自宅で学べます。

 
課題曲は、誰でも知っている
「ハッピー・バースデー」
Happy Birthday to You

 
この曲をテーマに、
ウクレレの持ち方から
基本の弾き方、楽譜の見方
などを学ぶことができます。
 

 

このレッスンでわかること