ペグについては以前にも、
簡単にチューニングするコツのなかで、
少しお伝えしていますが、
今回は、もう少し詳しくお伝えしようと思います。



その前にまず、ペグとはなんでしょう?

ウクレレのヘッド部分についていて、
弦をまきつけている部品です。
弦の張り具合を調整します。


詳しい写真・説明は、ウクレレの各部名称ご覧下さい。


このペグには大きくわけて2種類あります。

フリクションペグ

摩擦で固定されているペグで、
・フリクションペグ
・ストレートペグ
と呼ばれています。


ヘッドの裏側のツマミを1回転すると、弦も1回転分動きます。
「1:1」 
慣れると素早くチューニングが可能になります。
そして、正面から見て、ツマミがヘッドの裏側についているので、
表からツマミが見えません。






ギアペグ

ギターで使われている、ギア式のペグ。
ギアペグ
と呼ばれています。


ツマミを14回まわすと、弦が1回転します。
「1:14」
フリクションペグより沢山回さないといけない反面、
微妙なチューニングが可能になります。
ツマミがヘッドの横に見えます。










その他に、UPT(製品名)という、
フリクションペグと、ギアペグの中間のようなペグが数年前に発売されています。

それは、
見た目はフリクションペグ
ツマミを回す回転比率は「1:4」

個人的には、一番使いやすいと思っています。







ウクレレにギアペグが使われるようになったのは最近の事です。
それなので、ビンテージや、少し前に作られたウクレレには
フリクションペグがついています。


その理由は、
ギアペグはギター用に作られたものがほとんどで、
ギターより小さいウクレレには適さなかったようです。

取付けるヘッドの大きさや、ペグが重くアンバランスになる等・・・


そして最近になって、
小さくて軽い、様々な種類のウクレレ用のペグが作られるようになり、
選択肢が増えてきました。


次回は、ペグの交換についてお伝えします。