最近は朝晩涼しくなり、
季節が秋に向かっているのを感じるようになりました。

過ごしやすいですね。

このように私達が過ごしやすいと思う時は、
ウクレレ(楽器)も快適なのです。

ウクレレが快適なのは?

ウクレレは「木」でできています。

表面に塗装はしてあっても、
ボディーの内側は塗装していません。

それなので、ウクレレは湿度に敏感です。

高温多湿の夏は、
ウクレレも湿度を吸っていました。

けれど、これから秋、
そして冬に向かっていくと、
どんどん湿度が低くなり、

私達の肌が乾燥してカサカサになるように、
ウクレレからも水分が減っていきます。

ウクレレにとって快適な湿度は、
45~55%

私達が快適だと思う湿度と同じですね。

ウクレレが乾燥すると

楽器の音色が変わってきます。

私の場合は特に、
多湿から乾燥の時、
だいたい9月~10月頃
カラカラした音に変化していくのを感じます。

そして、ちょっぴり上達したように聞こえたり?

弦を変えたわけでもなく、
弾き方を変えたわけでもないのに、
音色が変わって聞こえたら、
それは湿度が変わったからだと思います。

このように、
季節ごとに音の変化を楽しめるのは、
四季のある日本に住んでいる
私達の特権です。

ウクレレを弾いて、
季節を感じていきましょう!

はじめてウクレレを弾く、40代、50代の女性のあなたへ

女性限定メルマガ〜自宅でできる「はじめてのウクレレ・メール講座」

全12回の無料メール講座で、
ウクレレの持ち方から、楽譜の見方、基本の弾き方などが自宅で学べます。

 
課題曲は、誰でも知っている
「ハッピー・バースデー」
Happy Birthday to You
 
この曲をテーマに、
ウクレレの持ち方から
基本の弾き方、楽譜の見方
などを学ぶことができます。
 
 

このレッスンでわかること

  • ウクレレの持ち方
  • 楽譜(タブ譜)の見方
  • ウクレレの音を合わせる方法〜チューニング
  • ウクレレの弾き方の基本
  • 右手の弾き方
  • 左手の押さえ方

など