女性のためのウクレレ教室では、
女性と子供に向けた、個人レッスンを行っています。

体験レッスン開催中 → 詳細はここをクリック



「ウクレレはじめてみようかなぁ〜」
「ウクレレ弾いてみたいなぁ〜」
「あの人みたいにウクレレ弾いてみたい!」


そんな時、あなたはどうやって学びますか?

  

♪ ウクレレ教室に通いますか?それとも独学?



ウクレレは、手軽にはじめる事ができて、
初心者の方でも、すぐに音を出す事ができる楽器です。


それなので、
独学で始める方も多くいます。

独学の場合

・様々な種類のウクレレ(楽器)
・多くのウクレレ教本
・弾き方等を紹介している動画


そういった様々な情報の中から、
自分で良さそうなウクレレや教材を探すことからはじまります。


特に
「全くはじめて」という方は、
何を選んだらいいのか?
そこから悩むのではないでしょうか?


時間と労力が必要ですね。



今まで、独学でウクレレを弾いてきた方の場合では、

・独学での限界を感じている
・もう一歩、綺麗に弾けるようになりたい
・コツを知りたい
・教本には書いていない、弾き方や知識を吸収したい

そういった想いがあるのではないでしょうか?

ウクレレ教室に通う

一番のメリットは、
「わからないことをすぐに聞けて、
すぐに解決することができる」

ということです。


独学では難しい事でも、
ウクレレ教室でなら、
 悩む事なく
 効率的に
教えてもらえます。

ウクレレ教室に通って得られること

・わからない事をすぐに聞けて、すぐ解決できる
・効率的にウクレレを学ぶ事ができる
・上達がはやい
・教本には書いていない弾き方やコツを教えてもらえる
・キレイな弾き方が身につく
・自分の癖を教えてもらえる
・無駄の無い指使いを知れる
 指使いがスムーズだと音も奇麗にスムーズになります
など・・・




それでは次に、
なにを基準にウクレレ教室を選んだらよいのでしょう?

  

♪ ウクレレ教室の選び方



すでにウクレレを弾いている方なら、
「こんなふうにウクレレを弾けるようになりたい」
「あの先生に習いたい」
というあなたのニーズが多少はあると思います。


けれど、全く初めての場合は、
本当にわからないですよね。


そんな時に、参考にしていただきたいことが3つあります。

1、ウクレレの演奏スタイル
2、レッスンスタイル
3、あなたにとって大切なこと



では、具体的にお話していきましょう。

1、ウクレレの演奏スタイル

漠然と、
「ウクレレを弾く」
と言っても、ウクレレには様々な演奏スタイルがあります。

大きくわけると2つ

・弾き語り

弾き語りというのは、
「ウクレレで伴奏しながら歌う」
というスタイル。

・ウクレレの演奏だけの〜ウクレレソロ

ウクレレの演奏だけというのは、

・インスト(インストゥルメンタル)
・ウクレレ ソロ
・ソロ ウクレレ

などと呼ばれています。


歌はなく、
ウクレレだけで曲を完成させるスタイルです。


参考動画



詳しくわけると、もっとありますが・・・

ウクレレ教室や先生によって、
得意分野が違ってきます。


あなたはどちらのスタイルでウクレレを弾きたいですか?


〜〜〜〜〜〜
私の場合は、
はじめは何もわからず、
当時の先生のスタイル「弾き語り」から入りましたが、
歌う事はあまり好きではなかったので、
1ヶ月で辞めてしまいました。

その後「ウクレレソロ」の演奏を聴き、
「こんなふうにウクレレ弾きたい!」と思い、
ソロ演奏している先生に習い、
今の私のスタイルになりました。

2、レッスンスタイル

レッスンスタイルには、大きく2つ

・個人レッスン
・グループレッスン

があります。


どちらが良いのか?

それは人それぞれです。
どちらも長短あります。

・個人レッスン

・あなたのレベルにあったレッスン
・あなたの弾きたい曲を課題曲に選べる
・人の事は気にせず、あなたのペースで受けられる
・短時間で集中してレッスンが受けられる

・グループレッスン

・仲間ができる
・レッスン時間が長め



〜〜〜〜〜〜
私は、どちらの経験もあります。

初めはグループレッスンでしたが、
他の方とのレッスンの目的が違ってきたり、
他の方と私の不得意が違ったりと、
自分だけのレッスンを受けたくなり、
個人レッスンに移りました。


「ステキに弾けるようになりたい!」
という思いの強い方は、
個人レッスンをお勧めします。

3、あなたにとって大切なこと

「あなたにとって大切な事は何ですか?」
こんな質問されても、
すぐに答えるのは難しいと思います。


でも、少し考えてみて下さい。
あなたの大切に思っている事が見えてくると思います。


それは、
一人一人違ってくると思いますので、
あなたが、
「これ」と思うこと、
「これだけは譲れない」
と思うことを、
1つで良いので、探してみて下さい。

そして、そのことを大切にするとよいかと思います。


では、具体的な例をいくつか紹介します。

・通いやすさ

定期的に通う事になるのですから、
家の近所や、仕事や学校帰りなどに通いやすい教室。

・あなたの希望を叶えてくれる

・用事が多かったり、不規則な仕事の方でしたら、
 レッスン日時を調整してくれる教室。

・あなたの弾きたい曲を教えてくれる教室。

・あなたが「いいなぁ〜」と憧れる演奏

「私もこの先生のようにウクレレを弾けるようになりたい」
そんなふうに思える先生。


など、いろいろあると思います。


〜〜〜〜〜〜
私の場合は、
「この先生のように弾けるようになりたい」
という思いから、
その先生にお願いしてレッスンしてもらい、
片道2時間かけて通っていました。




多くのお教室で、
体験レッスンを開催していますので、
ぜひ受講してみて下さい。




そして最後に、
一番大切なのは、
先生と会った時の感覚かもしれません。


ちょっと苦手だと思う先生に習いはじめても、続かないと思います。

あなたが
「この先生いいな〜」
そう思える先生に出会える事を願っています。




ウクレレのインスト、ウクレレソロを
個人レッスンで習ってみたいと思ったあなた、

一度体験レッスンで、感じてみて下さい。

体験レッスンの詳細、お申込みはこちら