ウクレレを弾く時、一番最初にやる事。
それは、
チューニングです。
 

チューニングが合っていないと、
どんなに上手く弾いても、耳障りな曲になってしまいます。

 

そのチューニング、慣れないと難しい事のひとつです。

 

特に始めたばかりの方では、
チューニングするだけで普通に10分、15分と時間がかかる事だと思います。

 

けれど、この、面倒なチューニングも、
慣れると、数秒で合わせることができます!

 

以前も、チューニング方法をお伝えしていますが、
今回は、チューニング時のポイントをいくつか紹介したいと思います。

 

こちらの記事もご覧ください。
ウクレレ チューニングの基本

 

 

今の状況を知る

合の音が、合わせたい音より、高いのか?低いのか?を知る。

まず、それを理解していないと、
弦をしめたらいいのか?
弦を緩めたらいいのか?がわかりません。

 

 高い時は、弦をゆるめて、音を低くする。
 低い時は、弦をしめて、音を高くする。

 

市販されている、殆どのチューナーは、

中央に合わせるようになっています。

・中央から右側に針が振れている時は、高い → 弦をゆるめる
・中央から左側に針が振れている時は、低い → 弦をしめる

 

何度も、やっていくと、体が覚えて、
頭で考えなくても、自然と出来るようになっていくと思います。

 

低い音から合わせる

音を合わせる時に、ペグを回しますが、
回し過ぎると、ピッタリを通り過ぎて高くなったり・・・

逆に、高かった音を、低くしようとして、低くなりすぎたり・・・

そんなふうに、
音が、行ったり来たりしてしまう事がよくあると思います。

 

そんな時は、一度、合わせたい音より、低くする
弦を緩める。
そして、高く調整する。

高くなり過ぎたら、また、弦をゆるめ、合わせたい音より低くする。
そして、弦を少しずつしめる。

 

私は、そのように調整しています。

 

ペグを確認

そして、時々、チューニングしたのに、急に音が低くなった。
弦を交換していないのに、1本の弦だけチューニングが狂った。

 

そんな時は、ペグを確認しましょう。(普通のペグ・フリクションタイプの場合)

ヘッドの裏側の、
ペグの回すツマミにネジがあると思います。
そのネジが緩んで、チューニングが合わない場合もあります。

 

 

その時は、そのネジを締めましょう。
上記写真の、白いツマミの上に見えるネジを締めます。

すると、ペグを回す時、今迄よりきつくなり、止まると思います。
ネジを締めても、頻繁にペグが緩んでしまう場合は、
購入した楽器店や、ウクレレの先生に一度見てもらうのをお薦めします。

 

ギアペグのウクレレ

それでも、チューニングをもっと簡単にしたい!
と思っているあなたには、

チューニングが楽な、ギアペグのウクレレをお勧めします。
新しい楽器を購入するのは・・・という方でしたら、
ペグを購入して、付け替える事もできます。
(ウクレレの種類によっては加工が必要な場合もあります)

 

 

 

ギアペグは、普通のペグ(フリクションペグ)より微調整が簡単にできます。

普通のペグ 1:1  (1周するのに1回転)
ギアペグ  1:14 (1周するのに14回転)
      1:4  (1周するのに4回転)

 

ペグもいろいろあり、それぞれ特徴があります。

 

ちなみに、私の使用しているウクレレは、
ほぼ、普通のフリクションペグ。
自作ウクレレのみ、ギアペグの1:4の物を使っています。

 

ペグの詳しい情報は ペグの種類 をご覧下さい。

 

チューニングは、慣れる迄時間がかかって、面倒だったりしますが、
音楽を奏でるのには、
とても重要で基本的な事です。

慣れてくると、数秒でできるようになります。
少しずつ、慣れていきましょう!

 

メルマガ  自宅でできる「無料ウクレレ メール レッスン」

15回の無料メール レッスンで、ウクレレソロの弾き方やコツが自宅で学べます。

 

課題曲は、ハワイの名曲「カイマナヒラ」

この曲をテーマに、楽譜(タブ譜)の見方から
ウクレレソロの基本の弾き方やコツなどを学ぶことができます。
 
このレッスン用にアレンジされた
「カイマナヒラ」の楽譜は、無料でダウンロードできます。

 

メールの文章だけでなく、動画や写真でわかりやすく解説しています。

 

このレッスンでわかること

  • ウクレレソロとは?
  • 楽譜(タブ譜)の見方
  • ウクレレソロの弾き方の基本やポイント
  • 右手の弾き方
  • 左手の押さえ方
  • メロディーと伴奏を弾きわける方法
  • 効果的な練習方法

など