チューニングとは?

・調律
・楽器の調子を合わせる事。
・音を合わせる事。
 
ウクレレの4つの弦には、
それぞれ合わせる音が決まっています。

弾いた時に、決まっている正しい音が出るように、
弦の張り具合を調整します。
 

チューニングする音は?

それでは、
チューニングをする前に、
ウクレレの音はどうなっているのでしょうか?
 

Hight-G (ハイジー)チューニング

 
IMG_3133 3
 

keyboard

上の図のように、
1弦 A ラ
2弦 E ミ
3弦 C ド
4弦 G ソ

となっています。
4弦のG ソの音が、2,3弦より高い音になっているのが、
ウクレレのチューニングの特徴です。

 
これが、
ウクレレの基本チューニングです。
Hight-G (ハイジー)チューニング
とも呼ばれています。
「高いソ(G)の音のチューニング」
という意味です。

 

Low-G (ロージー)チューニング

他には、
Low-G (ロージー)チューニング
というのもあります。
 
「低いソ(G)の音のチューニング」
という意味で、
4弦を3弦より低いソ(G)の音にします。
 

Low-Gチューニングにする場合は、
弦も専用の弦に張り替える必要があります。
 

まずは、基本のチューニング
Hight-G (ハイジー)チューニング
をマスターしましょう。

 

チューニングの方法

どの音に合わせたら良いのかが理解できたら、
実際にチューニングしていきましょう。
 
チューナーはクリップ式の物が使い易いと思います。
 
IMG_3271
 
ヘッドに装着して、電源を入れます。
そして、1弦ずつ、音を合わせていきます。
 
IMG_3270
 
ヘッドについているペグで調整します。
ヘッドの裏側、もしくは横についているネジ?を回します。

弦を巻いていくと、音は高くなり、
弦を緩めると、音は低くなります。

 
はじめのうちは、
チューニングするだけでも大変だと思いますが、
慣れてくれば、簡単に出来るようになります。
 
そして、
ウクレレを弾くのに、
まずはチューニングがしっかりできていないと、
いくら上手く弾けていたとしても、
心地よい音楽にはなりません。
 
チューニングはしっかり、念入りにしましょう。
 

あなたも、ウクレレを奏でてみませんか?

もし、あなたがウクレレに興味をお持ちでいらっしゃるなら、また基礎からしっかりと学べるウクレレ教室をお探しなら、当教室の体験レッスンへご参加になられてはいかがでしょうか?

ウクレレは、楽器経験のない方でもはじめから弾きやすい楽器です。

楽器未経験の生徒さんが、体験レッスン(60分)で「きらきら星」が弾けるようになっていらっしゃいます(ウクレレ経験の有無によって課題曲は異なります。成果には、個人差があります)。

もし楽器をお持ちでなくても、体験レッスンではウクレレをお貸しすることも可能です(ご希望の方には、ウクレレのご購入についてもアドバイスさせていただいております)。

個人レッスンですので、あなたのペースやご要望に合わせて指導させていただきます。

また、最近は体験レッスンを受講されたうえで、ご入会なさるかどうかを判断される方も少なくありません。

かぎられた時間ではありますが“ウクレレのある生活”を、どうぞ体験しにいらしてください。

体験レッスンについて詳しくお知りになりたい方は、こちらをクリック⇒

ご予約・お問い合わせは、ネット・LINE・お電話から

友だち追加