ウクレレと湿度に関係があることをご存知ですか?

 

私は、ウクレレをはじめたばかりの頃は、全く意識していませんでした。
というより、知りませんでした。
 
ちょっとでも知っていると、
大切なウクレレと長くお付き合いできると思います。
 

 

ウクレレの湿度管理

ウクレレと湿度とはどんな関係があるのでしょうか?
 

木の特徴

ウクレレは木でできているので、まず、木の特徴をみていきましょう。
 
木は、
梅雨時期など雨の多い日は湿度を吸ってしまい、木が膨張します。

冬など、乾燥時期は、木も乾燥して縮んだり、割れたりします。
 

ウクレレの場合

「でも、ウクレレは塗装してあるから大丈夫なんじゃない?」
と思われるかもしれませんが。

 

ウクレレの塗装は薄いです。
そして、ウクレレボディーの内側は、塗装されていません。
 
それなので、何もしていない木と同じ状態なのです。
 

対策をしていないとどうなりやすいの?

(必ずそうなるということではありません。)
 
音が変化する
・ブリッジなど、接着されている部分が緩みやすくなる
・ネックが反ってしまう

 
という現象が起こりやすくなります。
 

丁度いい湿度は?

湿度は、45~55% 位が良いとされています。

私たち人間が快適な湿度と同じくらいですね。
 

対策は?

ウクレレをケースに入れて保管している場合

「湿度調節材」をケースに入れておくと良いでしょう。
 
加湿と除湿をしてくれます。
 

 

下記の写真は、中の白いものに水を含ませ、楽器と一緒に置いておくタイプ。
加湿のみ
 

 
他にも、シートタイプのものなど、いろいろあります。
楽器店や通販サイトなどで購入できます。
 

ウクレレを飾ったり、そのまま置いている場合

除湿機や加湿器を利用しましょう。
 
だからと言って、過度に神経質にならなくても大丈夫だと思います。
 
私は一時期とても神経質になっていましたが、
ある方から、
「自分が不快だと思ったら調整するのと同じ感覚で良いと思うよ」
と言われ、それからは特別扱いはしていません。
 
自分自身が、湿度が高くて不快だと感じたら除湿する。

乾燥していてお肌に悪いと思ったら加湿する。
その程度です。
 

まとめ

・ウクレレも、湿度によって変化します。
・私たちと同じように、ウクレレにも湿度対策をお勧めします。
 
いつまでも、大切なウクレレと共に過ごしたいですね!
 
 

はじめてウクレレを弾く、40代、50代の女性のあなたへ

女性限定メルマガ〜自宅でできる「はじめてのウクレレ・メール講座」

 

全12回の無料メール講座で、
ウクレレの持ち方から、楽譜の見方、基本の弾き方などが自宅で学べます。

 
課題曲は、誰でも知っている
「ハッピー・バースデー」
Happy Birthday to You

 
この曲をテーマに、
ウクレレの持ち方から
基本の弾き方、楽譜の見方
などを学ぶことができます。
 

 

このレッスンでわかること