先日は、ウクレレのペグの種類についてお伝えしました。

今回は、私が挑戦してみた
ペグ交換についてです。


私の愛用しているウクレレの1つに、
フリクションペグが付いています。


そのウクレレは古い物なので、
ペグもだんだん固くなってきていました。


それなので、
チューニングする時に今迄より時間がかかったり、
最近不便を感じるようになりました。
そこで、
新しくペグを交換することにしました。


今回は、ペグを交換するのに
どのような作業が行われるのかをお伝えします。

注意事項

この記事は、ご自身で交換する事を奨励していません。

今回付け替えるペグは、自作ウクレレにも使用していて、
一度取付けた事があるので、自分で交換しました。


ご自身で交換する事も可能かもしれませんが、
ウクレレの種類、ペグの種類によっては、
いろいろな加工が必要になる事もあります。
そして、破損や故障の原因にもなります。

ウクレレを購入したお店や、ペグを購入したお店等にご相談、ご依頼して下さい。


ご自身で交換して何かあっても自己責任になりますので、十分ご注意下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーー


今回は、フリクションペグから、
ギアペグの「1:4」に交換しました。





まず、フリクションペグを外します。

ツマミの上についているネジを緩めると外れます。





次に、ヘッドの穴を大きくします。

今回は、フリクションペグ装着時の穴より、
新しく付けるペグの穴の方が大きいので、
一回り削りました。


この時、穴の大きさに気をつけながらの作業になります。
あけ過ぎると、穴を小さくしなくてはならなくなって、
私の手には負えなくなるから・・・です。


そして、新しいペグを取付けていきます。

ヘッドの裏側からツマミ部分を通し、
ヘッドの表側の部品を閉めてとめます。





行う行程はそんなに大変な作業ではないけれど、
穴を大きく削りすぎないように、気を付けました。





そして、今回は穴を大きくしましたが、
ペグの種類によっては、
穴を小さくしなくてはならなかったり、
ギアペグから今回のペグにする時も、加工が必要になるようですので、
交換する際は、
ウクレレを購入したお店や、ペグを購入したお店に相談してみて下さい。


そして交換後の使い心地、
とっても良いです!