ウクレレのチューニングをする時、
ウクレレはどのよう持っていますか?
 
 
チューニング時のウクレレの持ち方は、
教わることはないのでは?と思います。
 
私自身も、特に教えてもらったわけではなく、
先生がチューニングしているのを見て
真似したような気がします。
 
 

先生がチューニングしている姿を
見ていない場合などは、

  • 独自のスタイル
  • やりやすい方法

でチューニングしているのではないでしょうか?
 
 
その独自の方法が、
ウクレレを始めたばかりの受講生全員、
同じスタイルなのです。
 
初心者のチューニンングスタイル↓
 
 

 
 
この持ち方なら、
ウクレレが安定し、
チューニングしやすいのだと思います。
 
 
正確にチューニングできれば、
それでもOKなのですが・・・
 
演奏だけでなく、
見た目も初心者を脱却しませんか?
 
 
 

初心者には見えない
チューニングスタイルはこちら↓
 

 
 
ウクレレを弾く時と同じようにウクレレを持ち、
チューニングします。
 
 
 

最初は、ウクレレを弾くように持ってチューニングすると、

  • 時間がかかって面倒
  • やりにくい

と感じるかもしれません。

 
 

ただチューニングするだけの事ですが、
ウクレレの持ち方一つで、
「ウクレレ歴」がわかるものです。

 
 

ウクレレでも、
「見た目」
大切にしたいですね。
 
 

はじめてウクレレを弾く、40代、50代の女性のあなたへ

女性限定メルマガ〜自宅でできる「はじめてのウクレレ・メール講座」

全12回の無料メール講座で、
ウクレレの持ち方から、楽譜の見方、基本の弾き方などが自宅で学べます。

 
課題曲は、誰でも知っている
「ハッピー・バースデー」
Happy Birthday to You
 
この曲をテーマに、
ウクレレの持ち方から
基本の弾き方、楽譜の見方
などを学ぶことができます。
 
 

このレッスンでわかること

  • ウクレレの持ち方
  • 楽譜(タブ譜)の見方
  • ウクレレの音を合わせる方法〜チューニング
  • ウクレレの弾き方の基本
  • 右手の弾き方
  • 左手の押さえ方

など