あなたは、
ヘルツ Hz
という言葉を聞いたことがありますか?
 
 

私は、ウクレレを始める前までは、
聞いたことはあっても、意味まで知りませんでした。

ヘルツとは

音の基準。
440Hzが国際基準でA(ラ)の音です。
 
 
ウクレレでは、
1弦の開放弦(ゼロフレット)
の音です。
 

このヘルツにも流行りがあるようで、
最近は440Hzより少し高い
441Hz、442Hzが主流のようです。

 

ウクレレとヘルツの関係

チューニングをするとき、チューナーを使うと思います。
 
そのチューナーのヘルツは
基本440に設定されています。

チューナーは2種類

  • 440ヘルツ固定のもの
  • ヘルツが変更できるもの

があります。
 
 

ヘルツが変更できるチューナーの注意点

ヘルツが変更できるチューナーをお持ちの場合は、
ヘルツが幾つになっているか?
確認することが必要になります。

 

自分では変更していないつもりでも、
いつの間にかボタンが押され、
ヘルツが440から変わってしまっている場合があります。

 

ヘルツが違うと

1人で弾く場合は良いのですが、

アンサンブルなど、誰かと一緒に弾く場合は、
同じヘルツでチューニングをしないと、
音が合わなくなりますので、お気をつけ下さい。
 
 
 
あなた「のお持ちのチューナーは、
ヘルツが変更できるタイプですか?
 
 

女性限定・無料メルマガ「ウクレレのはじめ方メール講座」

これからウクレレをはじめたいと思っている、40代・50代の女性のあなたへ

  • ウクレレをはじめたいけど、どうしたらいいのだろう?
  • 楽器を弾けるようになりたいけど、大人からはじめても弾けるようになれるかな?
  • どの楽器を選んだら良いのだろう?
  • 楽器経験がなくて、楽譜もわからないけど大丈夫かな?

こんなお悩みのあなたへ、
 

女性限定・無料メルマガ「ウクレレのはじめ方メール講座」をご紹介します

8日間の無料メール講座では、

  • どうやってウクレレをはじめたらいいのか?
  • なぜウクレレが選ばれているのか?

などがわかります。
 
 

8日間のレッスン内容

1 ウクレレにはどんな楽しみ方があるの?
2 なぜウクレレは楽器経験がなくても弾けるの?
3 ウクレレを学ぶ方法1
4 ウクレレを学ぶ方法2
5 ウクレレにはどんな種類があるの?
6 ウクレレ(楽器)の選び方1
7 ウクレレ(楽器)の選び方2
8 最後に・・・