あなたは、
ヘルツ Hz
という言葉を聞いたことがありますか?

私は、ウクレレを始める前までは、
聞いたことはあっても、意味まで知りませんでした。

ヘルツとは

音の基準。
440Hzが国際基準でA(ラ)の音です。

ウクレレでは、
1弦の開放弦(ゼロフレット)
の音です。
このヘルツにも流行りがあるようで、
最近は440Hzより少し高い
441Hz、442Hzが主流のようです。

 

ウクレレとヘルツの関係

チューニングをするとき、チューナーを使うと思います。

そのチューナーのヘルツは
基本440に設定されています。

 

チューナーは2種類

  • 440ヘルツ固定のもの
  • ヘルツが変更できるもの

があります。

ヘルツが変更できるチューナーの注意点

ヘルツが変更できるチューナーをお持ちの場合は、
ヘルツが幾つになっているか?
確認することが必要になります。

 

自分では変更していないつもりでも、
いつの間にかボタンが押され、
ヘルツが440から変わってしまっている場合があります。

 

ヘルツが違うと

1人で弾く場合は良いのですが、

アンサンブルなど、誰かと一緒に弾く場合は、
同じヘルツでチューニングをしないと、
音が合わなくなりますので、お気をつけ下さい。

あなたのお持ちのチューナーは、
ヘルツが変更できるタイプですか?

あなたも、ウクレレを奏でてみませんか?

もし、あなたがウクレレに興味をお持ちでいらっしゃるなら、また基礎からしっかりと学べるウクレレ教室をお探しなら、当教室の体験レッスンへご参加になられてはいかがでしょうか?

ウクレレは、楽器経験のない方でもはじめから弾きやすい楽器です。

楽器未経験の生徒さんが、体験レッスン(60分)で「きらきら星」が弾けるようになっていらっしゃいます(ウクレレ経験の有無によって課題曲は異なります。成果には、個人差があります)。

もし楽器をお持ちでなくても、体験レッスンではウクレレをお貸しすることも可能です(ご希望の方には、ウクレレのご購入についてもアドバイスさせていただいております)。

個人レッスンですので、あなたのペースやご要望に合わせて指導させていただきます。

また、最近は体験レッスンを受講されたうえで、ご入会なさるかどうかを判断される方も少なくありません。

かぎられた時間ではありますが“ウクレレのある生活”を、どうぞ体験しにいらしてください。

体験レッスンについて詳しくお知りになりたい方は、こちらをクリック⇒

ご予約・お問い合わせは、ネット・LINE・お電話から

友だち追加