先日、ウクレレの弦の交換時期
についてお話しました。
今回は、実際にウクレレの弦を交換してみましょう。

 

 

弦交換では、
・ヘッドについているペグ
・ブリッジの形
の違いによって、交換方法が変わってきます。

 

今回は、一番オーソドックスな、
・ペグは、フリクションペグ、ギアペグ

 

img_3470

 

・ブリッジは、ひっかけるタイプ

 

img_3473

 

のウクレレの弦交換をお伝えします。

 

弦交換に必要な物

・新しい弦
・クロス
・ハサミ

 

弦を外す

1、張られている弦を外していきます。

弦が緩む方向へペグを回し、ペグから弦を外します。
すると、自然と、ブリッジにひっかかっている部分も外れると思います。
全ての弦を外します。

 

img_3611

 

この時に、ウクレレによっては、サドル、ナットが外れる場合もあります。
失くさないよう、気をつけてください。

 

2、指板を拭きましょう。

 

img_3628

 

この作業は、やらなくても良い作業ですが、
弦を外した今だからこそ、できることです。
日々の汚れを取っておきましょう!

 

弦を張る

ここから新しい弦を張っていきます。
新しい弦に、1弦、2弦、3弦、4弦と表示がしてあると思います。
間違わずに、弦を張っていきます。

 

3、ブリッジ側から張っていきます。

弦の片方の先に結び目(まる止め)を作ります。

 

img_3630

 

細い弦(1弦)は、2回のまる止めをお薦めします。
その結び目をブリッジの溝に引っ掛けます。

 

img_3631

 

img_3632

 

4、結び目と反対側を、ペグの芯に巻き付けます。

 

1、2弦は時計回り
3、4弦は反時計回り
になるように巻き付けます。

 

ペグの芯に穴が開いています。
その穴に通してから、巻き付けます。
巻き付ける時、弦が奇麗に上から下に巻き付くようにします。
細い弦は、4、5回巻き付けたら、すべらないと思います。

img_3478

 

もし、すべって抜けてしまう場合は、
芯に巻く時に、1周目は穴の上を巻き、2周目から下方向に巻いていくと、
抜け防止になります。

4弦とも同じ要領で張っていきます。

 

5、チューニングします。

交換したばかりの新しい弦は安定していないので、どんどんチューニングが狂います。
一度音程が合っても、すぐに合わなくなります。
それなので、一度に音程を合わせようとせず、
何度もチューニングをして合わせていきましょう。

 

6、ペグ側の余分な弦は切り落しましょう。

 

以上で、作業は終了です。
後は、数日かけて、音程を合わせていきましょう。

 

ご参考までに、
私は、音程を一気に合わせる事はせず、数日かけて合わせています。

 

弦を急激に伸ばすより、少しずつゆっくりと伸ばしていった方が、
楽器にも、弦にも、負担が少ないように思います。

 

弦の交換は、やり方さえ知ってしまえば、
難しい事ではないと思います。

 

ウクレレにも、今年一年の感謝を込めて、
弦交換、指板の掃除はいかがでしょう?

 

是非チャレンジしてみて下さい!

 

私のウクレレレッスンでは、
生徒さんの弦交換のタイミングに合わせて、
実際に弦を交換する講座も設けています。

 

あなたも、ウクレレを奏でてみませんか?

もし、あなたがウクレレに興味をお持ちでいらっしゃるなら、また基礎からしっかりと学べるウクレレ教室をお探しなら、当教室の体験レッスンへご参加になられてはいかがでしょうか?

ウクレレは、楽器経験のない方でもはじめから弾きやすい楽器です。

楽器未経験の生徒さんが、体験レッスン(60分)で「きらきら星」が弾けるようになっていらっしゃいます(ウクレレ経験の有無によって課題曲は異なります。成果には、個人差があります)。

もし楽器をお持ちでなくても、体験レッスンではウクレレをお貸しすることも可能です(ご希望の方には、ウクレレのご購入についてもアドバイスさせていただいております)。

個人レッスンですので、あなたのペースやご要望に合わせて指導させていただきます。

また、最近は体験レッスンを受講されたうえで、ご入会なさるかどうかを判断される方も少なくありません。

かぎられた時間ではありますが“ウクレレのある生活”を、どうぞ体験しにいらしてください。

体験レッスンについて詳しくお知りになりたい方は、こちらをクリック⇒

ご予約・お問い合わせは、ネット・LINE・お電話から

友だち追加