ウクレレのチューニングには、
・Hight-G (ハイジー)
・Low-G (ロージー)
の2種類あります。
 
 
それぞれの詳しい記事はこちらをご覧ください。

 
 
本日は、Low-G チューニングにする方法をお伝えします。
 

 

Low-G用の弦に変える

Low-Gにするには、4弦をLow-G用に変える必要があります。
 

Low-G用の弦の種類

大きく2種類、紹介したいと思います。
 
 

 

ナイロン製・フロロカーボン製

これは、Hight-G と同じような弦で、
太さが違います。
 
3弦より太い弦になります。
 
 

巻き弦

ギターなどで使われている弦です。

  • 芯線に金属の線を巻きつけてある弦
  • ナイロン製・フロロカーボン製より細い

弦の交換

交換方法は、Hight-Gの時と同じ要領でできますが、
一部のウクレレや弦の種類によっては加工が必要な場合があります。
 

ナイロン製やフロロカーボン製

弦が太めなので、
ナットの溝にはまらない場合が多く、
溝を大きく加工する必要があります。
 
場合によっては、サドルの調整も必要です。
 
加工については、お買い求めの楽器店などにご相談ください。
 

巻き弦

巻き弦を使う場合は、加工しなくても使える場合が多いです。

それなので、
弦さえ変えれば、どのウクレレもHight-G・Low-G、その時の気分で楽しめます。
 
ただ、コードチェンジの時など、
「キュッキュッ」と弦が擦れる音が出る時があるので、
それが気になるから嫌という方もいます。
 
 
どの弦を使うか?人それぞれの好みだと思います。
 
実際にいろいろな弦を使ってみたり、
いろいろな方に聴いてみたり、

あなたのお気に入りを見つけてください。
 
ちなみに私は、巻き弦派です。
 
 

はじめてウクレレを弾く、40代、50代の女性のあなたへ

女性限定メルマガ〜自宅でできる「はじめてのウクレレ・メール講座」

全12回の無料メール講座で、
ウクレレの持ち方から、楽譜の見方、基本の弾き方などが自宅で学べます。

 
課題曲は、誰でも知っている
「ハッピー・バースデー」
Happy Birthday to You
 
この曲をテーマに、
ウクレレの持ち方から
基本の弾き方、楽譜の見方
などを学ぶことができます。
 
 

このレッスンでわかること

  • ウクレレの持ち方
  • 楽譜(タブ譜)の見方
  • ウクレレの音を合わせる方法〜チューニング
  • ウクレレの弾き方の基本
  • 右手の弾き方
  • 左手の押さえ方

など