ウクレレのチューニングの一つに
Low-G ロージーチューニング
があります。

 

文字の通り、
低い(Low)ソ(G)のチューニング
という意味です。

 

本日は、Low-G チューニングについてお伝えします。

 

 

通常のチューニング Hight-G(ハイジー)は・・・

下記のようになっています。

 

 

Low-Gチューニングとは?

4弦のG(ソ)の音が、Hight-G より1オクターブ低いチューニングになります。

 

 

1弦  高い
 |   |
 |   |
4弦  低い

 

という具合になります。

 

なぜLow-Gにするの?

Low-Gにすると、音域が広がります。

 

Low-Gのメリット

・音域が広くなる
・音域が広くなるので Hight-Gより弾ける曲が増える
・低い音が加わるので、音の厚みが出る

というメリットがあります。

 

Low-Gのデメリット

・ウクレレらしさが半減する
・弦をローG用に変える必要がある
・ウクレレや弦の種類によっては、ナット、サドルの調整が必要になる

というデメリットもあります。

 

どっちがいいの?

ウクレレがはじめての方には、やはり
ウクレレらしいHight-Gから入っていただきたいと思います。

 

何年かウクレレを弾いてきた方には、
Low-G も挑戦していただきたいと思います。

 

Low-Gを弾くことで、
・曲のバリエーションが増える
・低音の使い方がわかる
・楽しみ方が増える

同じ曲、同じ楽譜でも、どちらのチューニングで弾くかによって曲のイメージが変わってきます。

曲によってチューニングを変える楽しみも味わっていただけたらと思います。

 

注意点

市販の楽譜では、
Hight-G用と Low-G用があります。

1冊の楽譜集の中に、Hight-GとLow-Gが混ざっている場合もあります。

 

特に記載がない場合はHight-G用だと思いますが、
確認してから購入することをお勧めします。

 

はじめてウクレレソロを弾く、40代、50代の女性のあなたへ

自宅でできる「はじめてのウクレレ・メール講座」

全12回の無料メール講座で、
ウクレレの持ち方から、楽譜の見方、ウクレレソロの基本の弾き方などが自宅で学べます。

 
課題曲は、誰でも知っている
「ハッピー・バースデー」
Happy Birthday to You
 
この曲をテーマに、
ウクレレの持ち方から
基本のウクレレソロの弾き方、楽譜の見方
などを学ぶことができます。
 
 

このレッスンでわかること

  • ウクレレの持ち方
  • 楽譜(タブ譜)の見方
  • ウクレレの音を合わせる方法〜チューニング
  • ウクレレソロの弾き方の基本
  • 右手の弾き方
  • 左手の押さえ方

など