先日、ある生徒さんからこんな連絡が・・・

「急に、3弦だけチューニングができないんです・・・」


その方、Aさんは、
始めた当初、チューニングがちょと苦手な感じでした。

そんな事もあり、
Aさんは、ギアペグのウクレレをお持ちです。


ギアペグについての詳細はこちら


そして、Aさんのウクレレは、
弦を交換してから半年以上たっています。
という事は、
弦は安定しているはず。

それなのに今、
それも3弦だけ合わないというのは、
なんでだろう・・・? 不思議です・・・


次に、この質問をしてみました。

私:「どのようにチューニングしていますか?」

Aさん:「3弦がD(レ)になってしまっていて、緩めるとC(ド)を通り越して B(シ)になってしまうんです。」

注: 3弦はC(ド)に合わせます。


という事は、チューニングの方法は合っている。
なんでだろう???


次に私は、こんな質問をしてみました。

私:「チューナーの電池はいつ交換しましたか?」

Aさん: 「・・・?」


という事だったので、
チューナーの電池交換をお薦めしました。


それから数時間後、

Aさん: 「先生、チューニングできました!
     電池をかえてみたら、チューナーの表示が濃くなって
     良く見えるようになりました!」


そうなんです。
いつも使っていると、
チューナーの表示が薄くなってきている事に気がつかないんです。


そして、
「急に電源がはいらなくなる」という事はなく、
「徐々に機能が弱まってくる」ので、
電池交換の時期がわかりずらいものです。


今回のように、
チューニングが合わなくなったら、
一度電池交換をしてみると、
簡単に解決できるかもしれません。

お試しあれ