先日のレッスンでの出来事から、
チューニングに関する内容をお届けします。

こんな会話からレッスンがはじまりました

私のレッスンでは、開始時に必ずチューニングをしてもらいます。
けれど、その日、
生徒のCさんは、チューニングをはじめようとしませんでした。
 

それなので、「チューニングをしましょう」と伝えると、
「家でチューニングしてきたので大丈夫です」
とCさんの返事でした。
 
Cさんは、少しチューニングが苦手で、少し時間がかかる。
それだから、
「レッスン中、自分のチューニングの為に先生を待たせてはいけない。」
そう思って、
自宅でゆっくり落ち着いてチューニングしてきたのだそうです。
 

Cさんのレッスンへの心構え、
私への気遣いはとても嬉しかったです。

けれど、チューニング、音の正確さから見るとちょっと違うのですね。

音の正確さから考えると

その後、Cさんへ
「なぜ?レッスン開始時にチューニングをするのか?」
理由をお伝えしたら、ご理解いただけました。

その理由は

音は、気温差で変わってくるからです。
 
ウクレレの弦は、

  • 気温が高いと伸びる
  • 気温が低いと縮む

性格を持っています。
 
それなので、今の時期、

  • 家の中は暖かい(気温が高い)
  • 外は寒い(気温が低い)
  • レッスン会場は暖かい(気温が高い)

となって、
家からレッスン会場までの間に、弦も多少伸び縮みします。
 
同じだけ伸びて、
同じだけ縮めば音程は変わらないけれど、
そうとも限らない。
 
それなので、いつでも、レッスン開始時にチューニングを行います。
 
もしかしたら、音程は変わっていないかもしれないです。
けれど、毎回チューニングをすることを習慣にしてもらいたい意味も含め、
お願いしています。
 

なぜ?そこまでうるさく言うのか?

それは、私の苦い失敗があったからです。
 
 
以前の私は、温度が変わることで弦の伸び縮みがあることを教わらず、
チューニングすることの重要さも知らずにいました。
 
 
そんな状態で数年前、
とある公開オーディションで演奏した時のこと。
 
演奏後、審査員の方から、
「弦は、何の素材のものを使っていますか?」
と言う質問をされました。

答えると、
「だから、音程が狂ってくるのですね。チューニングはしっかりした方がいいですよ」
と言うコメントを頂きました。
 
 
何百人の前での演奏時に、
「音が狂っていた」
と言われた時は恥ずかしさで一杯でした。
 
けれど、その審査員のお陰で、
チューニングの大切さを教えてもらいました。

 

メルマガ  自宅でできる「無料ウクレレ メール レッスン」

15回の無料メール レッスンで、ウクレレソロの弾き方やコツが自宅で学べます。

 

課題曲は、ハワイの名曲「カイマナヒラ」

この曲をテーマに、楽譜(タブ譜)の見方から
ウクレレソロの基本の弾き方やコツなどを学ぶことができます。
 
このレッスン用にアレンジされた
「カイマナヒラ」の楽譜は、無料でダウンロードできます。

 

メールの文章だけでなく、動画や写真でわかりやすく解説しています。

 

このレッスンでわかること

  • ウクレレソロとは?
  • 楽譜(タブ譜)の見方
  • ウクレレソロの弾き方の基本やポイント
  • 右手の弾き方
  • 左手の押さえ方
  • メロディーと伴奏を弾きわける方法
  • 効果的な練習方法

など