生徒のCさんは、こんな症状に悩まされていました。
 
「弦を押さえる指先が痛いのです。
特に怪我をしているわけではないのに、
指の内側がジンジン痛むのです」
 
 

Cさんは、ウクレレを始めたばかりの方。
練習にも力が入ったのでしょう。
 
 

弦楽器ならでは

 
弦を押さえる指先が痛むのは、
弦楽器を弾く方なら、必ずと言っていい、
通り道です。

 

私も、ウクレレを始めた頃は
痛いし、皮は剥けるし・・・

今は、痛さは無いけれど、
普通に皮は剥けます。
 
 

Cさんも、弾いていくうちに、コツがつかめて、
余計な力を入れずに押さえられるようになるはずです。

そうなってくると、痛みもなくなると思います。
 

その他の原因

 
Cさんは、ウクレレを始めたばかりだったから
痛かったのですが、

そうでない場合は、他に原因があるかもしれません。
 

 
弦はどんなものを使っていますか?
 
弦にも色々な種類があり、
硬い弦だと、押さえるのにも力が必要です。

柔らかい弦の方が、痛くないと思います。
 
 

弦高は?

 
そしてもう一つは、ウクレレ(楽器)の
弦高が原因かもしれません。
 

弦高とは、弦と指板の間の高さの事。

弦高が高いと、それだけ弦を押さえる力が必要になります。
 
 

弦高についての詳細は
こちらをクリック

 
 

もし、ウクレレ初心者ではないのに痛い場合、
この2つが原因かもしれません。

一度、ご自身のウクレレをチェックしてみて下さい。
 
 

はじめてウクレレを弾く、40代、50代の女性のあなたへ

女性限定メルマガ〜自宅でできる「はじめてのウクレレ・メール講座」

 

全12回の無料メール講座で、
ウクレレの持ち方から、楽譜の見方、基本の弾き方などが自宅で学べます。

 
課題曲は、誰でも知っている
「ハッピー・バースデー」
Happy Birthday to You

 
この曲をテーマに、
ウクレレの持ち方から
基本の弾き方、楽譜の見方
などを学ぶことができます。
 

 

このレッスンでわかること