今日は、前回の
「ウクレレのドレミ vol.1」
の続きをお伝えします。

(チューニング Hight-G の場合の内容です)

 

同じ音が色々な場所にある!

 

前回は、3弦と1弦を例にとりました。
他の弦、試してみましたか?

 

一覧表にしてみました。
12フレットまでしか記載していませんが、
12フレット以降も続きます。

 

 

そして、この表を見て気が付く点はないでしょうか?

 
 

そうなんです、
同じ音が色々な場所に点在していますね。

 

ピアノや、クラリネット、フルート、トランペットなどは、
同じ高さのドの音は一つしかありません。

 

けれど、
ウクレレや、ギターなどの弦楽器は、
同じ高さのドの音が色々な場所にあるのです。

 

例えば、ドの音は(チューニング Hight-Gの場合)
1弦  3フレット 
2弦  8フレット
3弦 12フレット
4弦  5フレット
が同じ音になります。

3弦 0フレットは、1オクターブ低いドになります。

 

もう一つ例をあげると
ソの音は、(チューニング Hight-Gの場合)
2弦 3フレット
3弦 7フレット
4弦 0フレット 

 

1オクターブ高いソは
1弦 10フレット
4弦 12フレット

 

このように、
同じ音があちこちに点在しています。

 

色々な音の位置を探すのも、楽しいです!
実際に試してみて下さい。

 

実は、こういった内容を知らなくても、ウクレレを弾くことはできます。

私も、ウクレレをはじめて数年は知らずにいました。

コードの勉強を始めた時に、
「そうだったのか!」
と知ったことです。

 

それなので、
「同じ音が色々な場所にある」
ということだけでも頭の片隅にあると、今後、何かの時に役に立つと思います。

 

メルマガ  自宅でできる「無料ウクレレ メール レッスン」

15回の無料メール レッスンで、ウクレレソロの弾き方やコツが自宅で学べます。

 

課題曲は、ハワイの名曲「カイマナヒラ」

この曲をテーマに、楽譜(タブ譜)の見方から
ウクレレソロの基本の弾き方やコツなどを学ぶことができます。
 
このレッスン用にアレンジされた
「カイマナヒラ」の楽譜は、無料でダウンロードできます。

 

メールの文章だけでなく、動画や写真でわかりやすく解説しています。

 

このレッスンでわかること

  • ウクレレソロとは?
  • 楽譜(タブ譜)の見方
  • ウクレレソロの弾き方の基本やポイント
  • 右手の弾き方
  • 左手の押さえ方
  • メロディーと伴奏を弾きわける方法
  • 効果的な練習方法

など