今日は、前回の
「ウクレレのドレミ vol.1」
の続きをお伝えします。

(チューニング Hight-G の場合の内容です)



vol.2 同じ音が色々な場所にある!



前回は、3弦と1弦を例にとりました。
他の弦、試してみましたか?


一覧表にしてみました。
12フレットまでしか記載していませんが、
12フレット以降も続きます。





そして、この表を見て気が付く点はないでしょうか?






そうなんです、
同じ音が色々な場所に点在していますね。


ピアノや、クラリネット、フルート、トランペットなどは、
同じ高さのドの音は一つしかありません。


けれど、
ウクレレや、ギターなどの弦楽器は、
同じ高さのドの音が色々な場所にあるんです。


例えば、ドの音は(チューニング Hight-Gの場合)
1弦  3フレット 
2弦  8フレット
3弦 12フレット
4弦  5フレット
が同じ音になります。

3弦 0フレットは、1オクターブ低いドになります。


もう一つ例をあげると
ソの音は、(チューニング Hight-Gの場合)
2弦 3フレット
3弦 7フレット
4弦 0フレット 


1オクターブ高いソは
1弦 10フレット
4弦 12フレット


そのように、
同じ音があちこちに点在しています。


色々な音の位置を探すのも、楽しいです!
実際に試してみて下さい。






いかがでしたか?

こういった内容は、実際に知らなくても弾くことはできます。


私も、ウクレレをはじめて数年は知らずにいました。

コードの勉強を始めた時に、
「そうだったのか!」
と知りました。


それなので、
「同じ音が色々な場所にある」
ということだけでも知っていると、今後、何かの時に役に立つと思います。




こちらのウクレレ教室では、
ウクレレの豆知識のようなこともお伝えしています。


言葉だけでの説明だと難しく感じることも、
実際にウクレレを弾きながらだと、すんなり入ると思います。


ご興味がありましたら、
体験レッスンの詳細はここをクリック

ご連絡お待ちしています!