本日は「メロディーと伴奏を意識・確認する方法」についてのお話しです。

 

 

本題に入る前に・・・

弾き語りとは

弾き語りとは、歌を歌いながらウクレレを弾くスタイルですね。

  • メロディーを歌う
  • 伴奏をウクレレで弾く

という役割分担、区分けをしています。

 

メロディーと伴奏がはっきり分かれているので、わかりやすいですね。

 

ウクレレソロとは

ウクレレソロは、メロディーも伴奏も、一人で弾くスタイルですね。

弾き語りとは違い、役割分担がはっきりしていません。

 

メロディーと伴奏を意識することが大切になってきます。

弾くあなたがメロディーと伴奏を意識しない限り、

  • のっぺりとした音楽になってしまう
  • 聴いている人には、「何を弾いているのかよくわからない」

という現象に陥ります。

 

そこで、
メロディーと伴奏を意識して弾く
ことが大切になってきます。

 

メロディーと伴奏を意識する方法

では具体的にどうやってメロディーと伴奏を意識したらいいのでしょう?

まずは、どこがメロディーで、どこが伴奏かを確認します。
 

オススメの確認方法は、
楽譜を見ながら、一度歌ってみる
です。

 

歌うのは、声に出さなくて、心の中でOKです。
もちろん声に出してもいいですよ。

 

すると、どの音がメロディーなのかがハッキリすると思います。

楽譜上で、確認してから弾いてみてください。

はじめはよくわからなくても、
次第に弾き方が変わってきたり、
力の入れ方が変わってきたりすると思います。

 

お試しください。

 

あなたも、ウクレレを奏でてみませんか?

もし、あなたがウクレレに興味をお持ちでいらっしゃるなら、また基礎からしっかりと学べるウクレレ教室をお探しなら、当教室の体験レッスンへご参加になられてはいかがでしょうか?

ウクレレは、楽器経験のない方でもはじめから弾きやすい楽器です。

楽器未経験の生徒さんが、体験レッスン(60分)で「きらきら星」が弾けるようになっていらっしゃいます(ウクレレ経験の有無によって課題曲は異なります。成果には、個人差があります)。

もし楽器をお持ちでなくても、体験レッスンではウクレレをお貸しすることも可能です(ご希望の方には、ウクレレのご購入についてもアドバイスさせていただいております)。

個人レッスンですので、あなたのペースやご要望に合わせて指導させていただきます。

また、最近は体験レッスンを受講されたうえで、ご入会なさるかどうかを判断される方も少なくありません。

かぎられた時間ではありますが“ウクレレのある生活”を、どうぞ体験しにいらしてください。

体験レッスンについて詳しくお知りになりたい方は、こちらをクリック⇒

ご予約・お問い合わせは、ネット・LINE・お電話から

友だち追加