あなたは、ウクレレで曲を弾く前に、
準備運動していますか?

何かスポーツをする前などには、
足を伸ばしてみたり、
腕を回してみたりと、
無意識に準備運動を行なっていると思います。

急に激しいことをすると怪我の原因になったり、
「運動の前には準備運動をする」という
子供の頃からの癖がついているからだと思います。

音楽では、

  • 歌を歌う方でしたら、まずは発声練習。
  • クラリネットやフルート、サックスなどでしたら、まずマースピースを温める。

という準備をすると思います。

けれど、ウクレレとなると、
準備運動もせず、
いきなり曲を弾く
という方が多いのではないでしょうか?

私は、スポーツや他の音楽のように、
ウクレレでも準備運動を行うことをお勧めします。

ウクレレの準備運動ってどんなこと?

私がレッスンで行なっている準備運動(エクササイズ)は、

  • 指の体操になる
  • 単調な動きで、覚えてしまうと指が勝手に動くようになる
  • 続けていくと、しぜんと様々なコードや音を覚えられる

という内容が含まれています。

ウクレレ初心者の方も、
経験者の方も、
同じエクササイズをお伝えしていて、

レッスンは、エクササイズから始まります。

最初は簡単ではないと思いますが、
コツさえ掴めば、ウクレレ初心者の方も出来る内容です。

準備運動(エクササイズ)の利点は?

曲を弾くときに、とても役にたちます。

新曲の楽譜を見て
「出来ない」「難しそう」
と仰る方でも、
「これは、エクササイズのこの部分で、もう出来ている事ですよ」
と伝えると、すんなり弾けたりします。

準備運動(エクササイズ)というと、
堅苦しさを感じる方も多いと思いますが、
様々な利点があるので
オススメです。

  • 曲に入ったときに、すんなり弾ける、応用できる
  • 毎回レッスン前に行う事で、ルーティーンになる
  • 体だけでなく、気持ちも
    「これからウクレレを弾く」
    という状態に入り、
    気持ちが落ち着き、集中しやすくなる
  • 毎回同じエクササイズをする事で、
    その日の自分の体調にも気付きやすい
  • 気づかないうちに、色々なことが出来るようになっている

どんなことをすればいいの?

まず、ウクレレで
「ドレミファソラシド」
を弾いてみましょう。

「それだけ?」
と思われるかもしれませんが、
「スラスラと、手元を見ずに弾く」
となると高度な事ではないでしょうか?

指の運動になり、
フレットや弦の位置の感覚も体が覚えてくれます。

「ドレミファソラシド」も、
ウクレレには様々な押さえ方がありますが、
これが一番基本になります。

ぜひお試しください。

はじめてウクレレソロを弾く、40代、50代の女性のあなたへ

自宅でできる「はじめてのウクレレ・メール講座」

全12回の無料メール講座で、
ウクレレの持ち方から、楽譜の見方、ウクレレソロの基本の弾き方などが自宅で学べます。

 
課題曲は、誰でも知っている
「ハッピー・バースデー」
Happy Birthday to You
 
この曲をテーマに、
ウクレレの持ち方から
基本のウクレレソロの弾き方、楽譜の見方
などを学ぶことができます。
 
 

このレッスンでわかること

  • ウクレレの持ち方
  • 楽譜(タブ譜)の見方
  • ウクレレの音を合わせる方法〜チューニング
  • ウクレレソロの弾き方の基本
  • 右手の弾き方
  • 左手の押さえ方

など