先日は、ウクレレの種類をお伝えしました。

 

その中から、またはそれ以外から、
あなたのお気に入りをどうやって見つけたらよいのでしょう?

 

 

ウクレレの大きさ(サイズ)

ウクレレをはじめて購入する方でしたら、
ソプラノサイズがよいかと思います。

 

けれどもし、あなたの体格が大きかったり、手が長かったりする場合は、少し考えた方がいいかもしれません。

 

大きい体格の方は、ソプラノとコンサートを抱えてみてから選ぶことをお勧めします。
コンサートサイズの方が、身体にフィットするかもしれないからです。

 

音域

音域は広い方が、演奏の幅が広がります。

15フレット以上あるウクレレをお勧めします。

 

素材(木)の種類・形

素材・木の種類によって、音色が変わります。
同じ素材でも木目が違います。
形によっても変わります。

同じモデルのウクレレでも、一つ一つ音が違います

 

それなので、弾いてみて、もしくは弾いてもらって、
あなたの好きな音を探しましょう。

 

予算

ウクレレは何千円台のものから、
何十万、何百万と高価なウクレレも存在しています。

高価だから良い、安いからダメなのかというと、そうではないと思います。

 

あなたの予算もあると思いますが、
初心者の方で、初めてウクレレを購入されるのでしたら、
3万円くらいの、国産ウクレレをお勧めします。

 

同じランクのウクレレでも、、国産より安い海外産のウクレレもあります。
今は、だいぶ変わってきていますが、
やはり、作りや、メンテナンスなどにおいては、やはり国産にはかなわないと思います。

 

海外のウクレレも、メンテナンスなどしっかりしているメーカーもあります。

 

フィーリング

フィーリング???と思うかもしれませんが、
実際に楽器屋さんで、
いろいろなウクレレをさわって弾かせてもらって下さい。

 

やはり、実際に触ってみて、弾いてみて、
あなたにしっくりくるウクレレが一番です。

見た目も大切です!

 

あなたにピッタリのウクレレがみつかりますように・・・

 

女性限定 自宅でできる 「無料ウクレレ メール レッスン」

15回の無料メール レッスンで、ウクレレソロの弾き方やコツが自宅で学べます。

 

課題曲は、ハワイの名曲「カイマナヒラ」

この曲をテーマに、楽譜(タブ譜)の見方から
ウクレレソロの基本の弾き方やコツなどを学ぶことができます。
 
このレッスン用にアレンジされた
「カイマナヒラ」の楽譜は、無料でダウンロードできます。

 

メールの文章だけでなく、動画や写真でわかりやすく解説しています。

 

このレッスンでわかること

  • ウクレレソロとは?
  • 楽譜(タブ譜)の見方
  • ウクレレソロの弾き方の基本やポイント
  • 右手の弾き方
  • 左手の押さえ方
  • メロディーと伴奏を弾きわける方法
  • 効果的な練習方法

など