ウクレレの種類と一言でいっても、様々な種類があります。

今回は、大きさや、形などわけてお伝えします。

 

ウクレレの大きさ

・ソプラノ(スタンダード)
・コンサート
・テナー
・バリトン
の4種類があります。

 

ソプラノが一番小さく、ギターの半分の大きさ。
音も、ソプラノが一番高い音で、サイズが大きくなるほど低い音になります。

 

一般的にお店で見かけるものは、ソプラノサイズです。

 

ボディーの形

ボディーの形は、おおきくわけて2種類あります。

・ひょうたん型(ギターのような、くびれのあるかたち)
・パイナップル型(くびれのない、丸いかたち)

 

弦の数

4弦が基本です。

6弦、8弦のウクレレもあります。

 

素材

ウクレレは木で出来ています。
使われる木の種類によって、音色が変わってきます。

 

・コア(ハワイの木。マメ科アカシア属。現在はとても貴重な木)
・マホガニー(様々な楽器や家具に使われている。センダン科)
・マンゴー(ウルシ科。最近ウクレレにも使われるようになった)
・メイプル(カエデ属)
・ウォルナット(クルミ科)
・スプルース(マツ科針葉樹。弦楽器に多く使われている)
など沢山あります。

 

私のウクレレはマホガニーとコア
私が自作したウクレレはトチノキ
・トチノキ(トチノキ科。フランス語ではマロニエ。白っぽい木)

 

音域

音域は、指板のフレットの数で決まります。

 

指板が、
・ボディーとの接点までのもの
・サウンドホールまであるもの
さまざまあり、
サウンドホールまで指板があるウクレレの方が音域が広くなります。

 

最近は種類が豊富になってきています。

 

その中でも、オーソドックスなウクレレは、
ボディーとの接点、ジョイントの部分に12フレットがきます。

最近では、ジョイントが14フレットのウクレレも多くなっています。
そうすると、音域も広くなります。

 
 

他にも、ここには書ききれないくらい、
沢山の種類があります。
そんな中から、あなたのお気に入りの一台を選んでいきましょう。

 
 

あなたも、ウクレレを奏でてみませんか?

もし、あなたがウクレレに興味をお持ちでいらっしゃるなら、また基礎からしっかりと学べるウクレレ教室をお探しなら、当教室の体験レッスンへご参加になられてはいかがでしょうか?

ウクレレは、楽器経験のない方でもはじめから弾きやすい楽器です。

楽器未経験の生徒さんが、体験レッスン(60分)で「きらきら星」が弾けるようになっていらっしゃいます(ウクレレ経験の有無によって課題曲は異なります。成果には、個人差があります)。

もし楽器をお持ちでなくても、体験レッスンではウクレレをお貸しすることも可能です(ご希望の方には、ウクレレのご購入についてもアドバイスさせていただいております)。

個人レッスンですので、あなたのペースやご要望に合わせて指導させていただきます。

また、最近は体験レッスンを受講されたうえで、ご入会なさるかどうかを判断される方も少なくありません。

かぎられた時間ではありますが“ウクレレのある生活”を、どうぞ体験しにいらしてください。

体験レッスンについて詳しくお知りになりたい方は、こちらをクリック⇒

ご予約・お問い合わせは、ネット・LINE・お電話から

友だち追加