ウクレレの種類と一言でいっても、様々な種類があります。

今回は、大きさや、形などわけてお伝えします。

ウクレレの大きさ

・ソプラノ(スタンダード)
・コンサート
・テナー
・バリトン
の4種類があります。

ソプラノが一番小さく、ギターの半分の大きさ。
音も、ソプラノが一番高い音で、
サイズが大きくなるほど低い音になります。

一般的にお店で見かけるものは、
ソプラノサイズです。

ボディーの形

ボディーの形は、おおきくわけて2種類あります。
・ひょうたん型(ギターのような、くびれのあるかたち)
・パイナップル型(くびれのない、丸いかたち)

弦の数

4弦が基本で、6弦、8弦のウクレレもあります。

素材

ウクレレは木で出来ています。
使われる木の種類によって、音色が変わってきます。

・コア(ハワイの木。マメ科アカシア属。現在はとても貴重な木)
・マホガニー(様々な楽器や家具に使われている。センダン科)
・マンゴー(ウルシ科。最近ウクレレにも使われるようになった)
・メイプル(カエデ属)
・ウォルナット(クルミ科)
・スプルース(マツ科針葉樹。弦楽器に多く使われている)
など沢山あります。

私のウクレレはマホガニー
私が自作したウクレレはトチノキ
・トチノキ(トチノキ科。フランス語ではマロニエ。白っぽい木)

音域

音域は、指板のフレットの数で決まります。
指板が、
ボディーとの接点までのものと、
サウンドホールまであるものでは、
サウンドホールまである物の方が音域が広くなります。

そして、オーソドックスなウクレレは、
ボディーとの接点、ジョイントの部分に12フレットがきます。
最近では、ジョイントが14フレットの物もでてきていて、
そうすると、音域も広くなります。




他にも、ここには書ききれないくらい、
沢山の種類があります。
そんな中から、あなたの一台を選んでいきましょう。