「音楽療法」には、2つの種類あります。

それは、

  • 受動的音楽療法
  • 能動的音楽療法

受動的音楽療法とは

「受動」なので、
「音楽を聴く」という受身型の音楽療法です。

コンサートなどで音楽を聴くことも、
この部類に入ります。

能動的音楽療法

こちらは、受動とは逆で、

  • クライアントさん自身が歌ったり
  • 楽器を演奏したり

実際におこなう音楽療法です。

 

高齢者施設で行われる音楽療法は

「能動的音楽療法」が多いです。

そして、高齢者の方に対して、
能動的音楽療法をおこなう上で、大切なことがあります。

それは、伴奏。

高齢者に適した伴奏とは?

私はウクレレで行いますが、
どの楽器でも同じです。

高齢者の方が歌いやすい伴奏をする

これが一番大切です。

 

凝った伴奏をしても、

  • 歌いはじめがわからない
  • 歌のメロディーの音程がわからない

という伴奏では、
歌う高齢者の方が、歌えません。

 

逆に、

  • とてもシンプルな伴奏だけど、メロディーラインがわかる
  • 歌い出しがわかる

そういった伴奏の方が、
高齢者の方も安心して、歌えます。

 

やはり誰でも、
人前で間違えたくない
恥ずかしい思いはしたくない
ものです。

そういった恐怖を取り除く伴奏も、
音楽療法には重要です。

 

音楽療法をウクレレで行いたいあなたへ

当教室は、音楽療法のスキルを持った講師がウクレレ講師を務めています。

ウクレレの技術だけでなく、
ご希望の方には、
音楽療法をおこなう上でのポイントなどもお伝えしています。

  • ウクレレで音楽療法や音楽レクリエーション(音楽レク)をおこなっているけど歌ってもらえない
  • 音楽療法や、音楽レクの質を上げたい

そういった方へのレッスンもおこなっております。

 

あなたも、ウクレレを奏でてみませんか?

もし、あなたがウクレレに興味をお持ちでいらっしゃるなら、また基礎からしっかりと学べるウクレレ教室をお探しなら、当教室の体験レッスンへご参加になられてはいかがでしょうか?

ウクレレは、楽器経験のない方でもはじめから弾きやすい楽器です。

楽器未経験の生徒さんが、体験レッスン(60分)で「きらきら星」が弾けるようになっていらっしゃいます(ウクレレ経験の有無によって課題曲は異なります。成果には、個人差があります)。

もし楽器をお持ちでなくても、体験レッスンではウクレレをお貸しすることも可能です(ご希望の方には、ウクレレのご購入についてもアドバイスさせていただいております)。

個人レッスンですので、あなたのペースやご要望に合わせて指導させていただきます。

また、最近は体験レッスンを受講されたうえで、ご入会なさるかどうかを判断される方も少なくありません。

かぎられた時間ではありますが“ウクレレのある生活”を、どうぞ体験しにいらしてください。

体験レッスンについて詳しくお知りになりたい方は、こちらをクリック⇒

ご予約・お問い合わせは、ネット・LINE・お電話から

友だち追加