寒いですね・・・
何だか、48年ぶりの寒波がやってきているようで・・・
私の住む地域でも、
最低気温が氷点下。

寒いです。


お互いに体調には気をつけていきましょう!

  

今日は、
先日「ウクレレで音楽療法」でお話した、
以前書いていたブログを加筆訂正し、
お届けします。


いままでの記事はこちら↓ それぞれのタイトルをクリックして下さい。

「ウクレレで音楽療法」

「ウクレレで音楽療法1〜準備前半」

「ウクレレで音楽療法2〜準備後半」


なお、今回行った音楽療法は諸事情により、
「音楽レクリエーション」の一環として行いました。

第1回 ウクレレ de 音楽療法

2011/6/23


いろいろな準備を経て、
第1回 ウクレレ de 音楽療法
開催しました。


当日の朝礼の時、レクの時間に音楽をやる事をスタッフに伝え、
なるべく、全員の利用者さんが、
その時間に参加いただけるよう、
誘導&準備
をお願いしました。


利用者さんには、いつもと違う事をするにあたり、
拒否がでないよう、なるべくいつも通り感を大切にしました。


利用者さんによっては、いつもと違う事で、
テンションが上がる方もいるけど、
興奮しすぎるのも、よくないのです。


そして、いよいよ音楽療法はじまります!

まずは、自己紹介

RO リアリティー オリエンテーション
自己紹介


自己紹介は、どうなるかと思っていたけど、
利用者さん、楽しそうに、恥ずかしそうに、
お名前を教えて下さいました。

そして、

今回の楽器はタンバリン

音楽に合わせて、順番にたたいてもらいます。


皆、楽しそう〜
参加者全員、笑顔

歌は、

・富士の山
・ふるさと


歌詞を読んだり、
ウクレレで伴奏をして、皆さんと歌ったり、
歌の合間には、
富士山
の話しで盛り上がりました。

参加者の様子は・・・

いつもは、レクの時間も徘徊している Oさん男性は笑顔で参加。
タンバリンを嬉しそうに叩いて下さいました。
時間中、ずーっと座っていられました。 
すごい!!


音楽は、あまり好きでないとおっしゃる、Kさん 男性
自己紹介では、沢山お話してくれて、
タンバリンも、歌も、満喫されていました。


調子が悪い時は、ずーっと傾眠している Nさん 男性
時間中、ずーっと起きて参加され、

終了後は、Nさん自身から、
「テネシー・ワルツ」
を、歌って下さいました。
それも、英語で・・・


Nさんの テネシーワルツ
とても調子がいい時は、歌ってくださるようなのですが、
今まで、一度も聞かせてもらえなかったのです。


なんだか、Nさんから、
歌のプレゼントをもらった気持ちです。


勿論、歌の好きな、
Tさん 女性
Mさん 女性
Uさん 男性
は、いつもより大きな声で、歌って下さいました。


音楽療法の最中は、勿論、その後も、
皆さん、いつも以上の
笑顔&笑い声


スタッフのみんなにも、協力してもらって。

私自身の反省点は、いろいろあるけれど・・・

初めて、それも、1人で。
大成功でした!


音楽の力って、本当に すごい!


続く