ウクレレ演奏スタイルも様々あります。


その中でも、
ウクレレだけの演奏スタイルを3つお伝えします。

アンサンブル

アンサンブルは、2人以上で演奏します。

・メロディー
 曲のメロディーライン(単音)を弾く人。


・伴奏
 左手でコードを押さえて、
 右手で4本の弦を同時にジャカジャカと弾く人


この2人が同時に弾いた演奏を
アンサンブル
と言います。

ウクレレ・ソロ

ウクレレソロは、
メロディーと伴奏を1人で弾くスタイルです。


アンサンブルで2人で弾きわけていたことを、
ウクレレソロでは1人でおこないます。


インスト
インストゥルメンタル
ソロウクレレ
などと呼ばれています。


「1人で二役は難しいのでは?」
と思われるかもしれませんが、
譜面の中に、メロディーと伴奏が書いてあるので、
ゆっくりスタートしていけば、弾けるようになります。

ジャカソロ=ストラミング奏法

ウクレレソロの中にも、いろいろなスタイルがありますが、
その中でも
ジャカソロ 
と呼ばれている奏法があります。


ジャカソロという表現は、日本が発祥だと思います。
ストラミング奏法 と呼ばれています。


どんな弾き方かというと、
伴奏を弾くように、4弦を同時にジャカジャカと弾きながら、
メロディーが浮き出るように弾く奏法です。