本日は、
「ウクレレは右手」
についてお届けします。

 

まず、題名を見て、
「なに???」
って思われたのではないでしょうか?

 

右手と左手、どちらが重要?

まず、一つ質問です。

ウクレレを弾く時、
右手と左手、
どちらが重要だと思いますか?

  • 弦を弾く右手
  • 弦を押さえる左手

 

両方大事と思われるかもしれません。

 

どちらも大切なのですが、

私は、
右手の方が重要だと考えます。

 

右手の方が重要、その理由

その理由を簡単に言うと、
右手で弦を鳴らしているからです。

 

 

具体的には・・・

それではもう少し、
具体的に説明したいと思います。

 

ウクレレを始めたばかりの頃は、
普段しない動きをする
左手に苦戦すると思います。

  • 思うように指が動かない
  • 指に力が入らない
  • 思っていたのと、違う場所を押さえていた
  • 指が自分の体の一部とは思えない

など・・・

 

そして、

  • なぜ左手に
    こんなに複雑な動きをさせるのか?

 

私も最初はそうでしたし、
そう思っていました。

 

二つの弦を押さえるので精一杯で、

一度に3つの弦を押さえる
G7のコードが難しかった・・・汗

 

そんな事から、
始めたばかりだと、
「左手が大切」
と思われる方が多いのではないでしょうか?

 

よく考えると・・・

左手も大切なのですが、よく考えて下さい。

左手は、

  • 弦を押さえる事で、
    どの音を響かせるかを決める役割をしています。
  • 音がブチブチ切れないように弾くための
    サポートをしています。

 

そして、

  • ブチブチ切れずに
  • どんな音色で
  • どんなタイミングで
  • どんなリズムで響かせるのか?

は右手にかかっているのです。

 

実際に試した事があります。
アルペジオ

これを右手だったら、
そんなに苦もなく出来るのですが、

左手でやろうとすると・・・
全然動かないです。汗

 

音色も耳を塞ぎたくなるような、
変な音がしました。

 

本当かどうか?
試しにやってみて下さい。

「なにこれ?」って思うくらい出来ないです。

 

 

このように、
単に弦を弾くと言っても、

  • 弦のどの場所で
  • 指のどこで
  • 指の角度は?

と突き詰めていくと、

本当に、
利き手でないと難しいと思うのです。

 

 

だから、
ウクレレという楽器自体も、

利き手で弾いて、
利き手でない方で弦を押さえる作り

になっているのだと思います。

 

そして、右手を突き詰め、
いろいろなテクニックを身につけると、

様々な音色で演奏できるようになり、
あなただけの音が出せるようになります。

  • 優しい音
  • 激しい音
  • 柔らかい音
  • 硬い音

自由自在です。

 

それが可能なのは、
利き手だからだと思います。

 

もし、今まで
左手ばかりに注意が向いていたのでしたら、

右手にも意識を向けると、
違った音色に辿り着けるかもしれません。

 

 

あなたも、ウクレレを奏でてみませんか?

もし、あなたがウクレレに興味をお持ちでいらっしゃるなら、また基礎からしっかりと学べるウクレレ教室をお探しなら、当教室の体験レッスンへご参加になられてはいかがでしょうか?

ウクレレは、楽器経験のない方でもはじめから弾きやすい楽器です。

楽器未経験の生徒さんが、体験レッスン(60分)で「きらきら星」が弾けるようになっていらっしゃいます(ウクレレ経験の有無によって課題曲は異なります。成果には、個人差があります)。

もし楽器をお持ちでなくても、体験レッスンではウクレレをお貸しすることも可能です(ご希望の方には、ウクレレのご購入についてもアドバイスさせていただいております)。

個人レッスンですので、あなたのペースやご要望に合わせて指導させていただきます。

また、最近は体験レッスンを受講されたうえで、ご入会なさるかどうかを判断される方も少なくありません。

かぎられた時間ではありますが“ウクレレのある生活”を、どうぞ体験しにいらしてください。

体験レッスンについて詳しくお知りになりたい方は、こちらをクリック⇒

ご予約・お問い合わせは、ネット・LINE・お電話から

友だち追加