本日は、
D7から G7 にコードが変わる時の指遣いについてお伝えします。

 

コードチェンジとはコードが変わる時のことを言います。

 

この「D7 → G7」のコードチェンジにも、いろいろ方法がありますが、
一番定番の指遣いをお伝えします。

 

 

基本のコードの押さえ方

まずは、コードの押さえ方の確認です。

 

D7

 

 

G7

 

 

D7 から G7 への移動

  1. 人差し指で、2弦 1フレットを押さえる
  2. 中指、薬指の形をキープしたまま平行移動させる

 

G7 から D7 への移動

  1. G7の押さえる形をキープしたまま、全ての指を離す
  2. 中指、薬指の形をキープしたまま平行移動させる

 

ポイント

今回のポイントは、
中指と薬指の形をキープしたまま平行移動させることです。

 

前回、「C → G7」のコードチェンジのポイントは、支点になる指を決めることでした。

 

このように、コードチェンジと言っても、
どのコードからどのコードに変わるのか?によって、
ポイントが違ってきます。

 
今回のコードチェンジも、
一番簡単な押さえ方での方法でしたが、

一つのコードでも様々な押さえ方があるので、
同じD7, G7 でも、
その時々によって、変わってきます。

 

いろいろなコードでお試しください。

 

メルマガ  自宅でできる「無料ウクレレ メール レッスン」

15回の無料メール レッスンで、ウクレレソロの弾き方やコツが自宅で学べます。

 

課題曲は、ハワイの名曲「カイマナヒラ」

この曲をテーマに、楽譜(タブ譜)の見方から
ウクレレソロの基本の弾き方やコツなどを学ぶことができます。
 
このレッスン用にアレンジされた
「カイマナヒラ」の楽譜は、無料でダウンロードできます。

 

メールの文章だけでなく、動画や写真でわかりやすく解説しています。

 

このレッスンでわかること

  • ウクレレソロとは?
  • 楽譜(タブ譜)の見方
  • ウクレレソロの弾き方の基本やポイント
  • 右手の弾き方
  • 左手の押さえ方
  • メロディーと伴奏を弾きわける方法
  • 効果的な練習方法

など