本日は、
D7から G7 にコードが変わる時の指遣いについてお伝えします。

 

コードチェンジとはコードが変わる時のことを言います。

 

この「D7 → G7」のコードチェンジにも、いろいろ方法がありますが、
一番定番の指遣いをお伝えします。

 

 

基本のコードの押さえ方

まずは、コードの押さえ方の確認です。

 

D7

 

 

G7

 

 

D7 から G7 への移動

  1. 人差し指で、2弦 1フレットを押さえる
  2. 中指、薬指の形をキープしたまま平行移動させる

 

G7 から D7 への移動

  1. G7の押さえる形をキープしたまま、全ての指を離す
  2. 中指、薬指の形をキープしたまま平行移動させる

 

ポイント

今回のポイントは、
中指と薬指の形をキープしたまま平行移動させることです。

 

前回、「C → G7」のコードチェンジのポイントは、支点になる指を決めることでした。

 

このように、コードチェンジと言っても、
どのコードからどのコードに変わるのか?によって、
ポイントが違ってきます。

 
今回のコードチェンジも、
一番簡単な押さえ方での方法でしたが、

一つのコードでも様々な押さえ方があるので、
同じD7, G7 でも、
その時々によって、変わってきます。

 

いろいろなコードでお試しください。

 

あなたも、ウクレレを奏でてみませんか?

もし、あなたがウクレレに興味をお持ちでいらっしゃるなら、また基礎からしっかりと学べるウクレレ教室をお探しなら、当教室の体験レッスンへご参加になられてはいかがでしょうか?

ウクレレは、楽器経験のない方でもはじめから弾きやすい楽器です。

楽器未経験の生徒さんが、体験レッスン(60分)で「きらきら星」が弾けるようになっていらっしゃいます(ウクレレ経験の有無によって課題曲は異なります。成果には、個人差があります)。

もし楽器をお持ちでなくても、体験レッスンではウクレレをお貸しすることも可能です(ご希望の方には、ウクレレのご購入についてもアドバイスさせていただいております)。

個人レッスンですので、あなたのペースやご要望に合わせて指導させていただきます。

また、最近は体験レッスンを受講されたうえで、ご入会なさるかどうかを判断される方も少なくありません。

かぎられた時間ではありますが“ウクレレのある生活”を、どうぞ体験しにいらしてください。

体験レッスンについて詳しくお知りになりたい方は、こちらをクリック⇒

ご予約・お問い合わせは、ネット・LINE・お電話から

友だち追加