今日は、ウクレレを弾いていると出てくる用語、

ローコードとハイコード

の意味をお伝えします。

 

 

ローコードとハイコードの意味

まずは、それぞれの言葉を英語で表記してみます。

 

ローコード Low chord
ハイコード Hight Chord

 

これで、少し言葉の意味がわかったでしょうか?

直訳すると、
ローコードは 低いコード
ハイコードは 高いコード
ですね。

 

この高い低いは、音の高さを意味します。

 

ウクレレの音は、
ネック側が低く、
ボディー側にいくにしたがって高くなることを思い出して下さい。

 

ローコード

一番ネック側ので押さえるコード

初心者が一番最初に覚える、簡単な押さえ方です。
どのコードでも、1フレット〜3フレットくらいの間で押さえます。

 

Cコードを例にとると

 

 
 

一般的には「Cローコード」とは言わず「Cコード」と言います。

 

ハイコード

ローコードよりボディー側で押さえるコード

コードによって多少違いはありますが、だいたい3フレット以降で押さえるコードのこと。

ハイコードは、一つのコードに、たくさんの押さえ方があります。

 

Cのハイコード

 

 

 
 

などなど他にもあります。

 

ハイコードを知って役立つこと

ここで、
「たくさん覚えないといけないの?」
「こんなに覚えられない・・・」
と思ったあなた、ご安心を。

 

このハイコード、知っていないと弾けない訳ではありません。
弾き語りではそんなに必要ないかもしれません。
ウクレレソロの場合も、知らなくても演奏できます。

 

けれど、ハイコードを知っていると、

・左手の指遣いや、コードチェンジがスムーズにできるようになる
・教えてもらわなくても、自分で指遣いがわかるようになる
・ステキな伴奏ができるようになる

という利点があります。

 

まとめ

・コードそれぞれに、複数の押さえ方がある
・それは、ローコード・ハイコードと呼ばれている

あなたも、ウクレレを奏でてみませんか?

もし、あなたがウクレレに興味をお持ちでいらっしゃるなら、また基礎からしっかりと学べるウクレレ教室をお探しなら、当教室の体験レッスンへご参加になられてはいかがでしょうか?

ウクレレは、楽器経験のない方でもはじめから弾きやすい楽器です。

楽器未経験の生徒さんが、体験レッスン(60分)で「きらきら星」が弾けるようになっていらっしゃいます(ウクレレ経験の有無によって課題曲は異なります。成果には、個人差があります)。

もし楽器をお持ちでなくても、体験レッスンではウクレレをお貸しすることも可能です(ご希望の方には、ウクレレのご購入についてもアドバイスさせていただいております)。

個人レッスンですので、あなたのペースやご要望に合わせて指導させていただきます。

また、最近は体験レッスンを受講されたうえで、ご入会なさるかどうかを判断される方も少なくありません。

かぎられた時間ではありますが“ウクレレのある生活”を、どうぞ体験しにいらしてください。

体験レッスンについて詳しくお知りになりたい方は、こちらをクリック⇒

ご予約・お問い合わせは、ネット・LINE・お電話から

友だち追加