コードはどうやって覚えたらいい?と疑問に思っているあなたへ

今日は覚え方のコツをお伝えします。

 

 

コードは位置と形で覚える!

 
ウクレレを弾いていると必ずコードが出てきます。
弾き語りでも、ソロ演奏でも同じです。

 

それではます、

コードとは何でしょう?

3つ以上の音を同時に弾いた時に合成される音。
和音

 

よく、楽譜の上に
C 、 F 、 G7
などのアルファベット記号が記載されていると思います。
それが、コード です。

 

実際にどの音が使われているのかというと、

C (シー) は、ドミソ。
F (エフ) は、ファラド。
G7(ジーセブン)は、ソシレファ

の音からできています。

 

覚えるポイント

他の楽器では、「Cはドミソ」と覚えることが多いのかと思います。

けれどウクレレでは、「ドミソ」という音階で覚えるよりも、
はじめのうちは、

左手の押さえる位置と形

で覚えることをお勧めします。

 

例えば、
Cコードは、

  3
  0
  0
  0

 

Fコードは

  0
  1
  0
  2

 

G7は、

  2
  1
  2
  0

 

と言った具合です。

このように押さえる位置、形で覚えると、
今後様々なコードに応用できます!

 

このことを頭の中に入れて、
体に覚えこませましょう。

 

本日のまとめ

・コードは押さえる位置と形で覚える
・何度も弾いて、体にも覚えてもらう

 

あなたも、ウクレレを奏でてみませんか?

もし、あなたがウクレレに興味をお持ちでいらっしゃるなら、また基礎からしっかりと学べるウクレレ教室をお探しなら、当教室の体験レッスンへご参加になられてはいかがでしょうか?

ウクレレは、楽器経験のない方でもはじめから弾きやすい楽器です。

楽器未経験の生徒さんが、体験レッスン(60分)で「きらきら星」が弾けるようになっていらっしゃいます(ウクレレ経験の有無によって課題曲は異なります。成果には、個人差があります)。

もし楽器をお持ちでなくても、体験レッスンではウクレレをお貸しすることも可能です(ご希望の方には、ウクレレのご購入についてもアドバイスさせていただいております)。

個人レッスンですので、あなたのペースやご要望に合わせて指導させていただきます。

また、最近は体験レッスンを受講されたうえで、ご入会なさるかどうかを判断される方も少なくありません。

かぎられた時間ではありますが“ウクレレのある生活”を、どうぞ体験しにいらしてください。

体験レッスンについて詳しくお知りになりたい方は、こちらをクリック⇒

ご予約・お問い合わせは、ネット・LINE・お電話から

友だち追加