今日は、
初心者が最初に覚えると役に立つ3つのコード
をお伝えします。

コードとは?

ソロの楽譜でも、弾き語りの楽譜でも、
楽譜の中に、アルファベットが出てきます。

 

 

↑5線譜の上に書いてあるアルファベット
赤まるで囲まれている部分。
これが、コードです。

 

和音とも言い、
3つもしくは4つの違う音を同時に鳴らします。

 

なかでも、よく使われるコードが

C (シー)
F (エフ)
G7 (ジーセブン)

 

この3つを覚えたら、いろいろな曲が弾けます!

 

左手 コードの押さえ方

C

左手 薬指で 1弦3フレットを押さえます。
そして、4つの弦を弾くと、
これが 「Cコード」です。

 

F

左手 人差し指で 2弦1フレット
中指 で  4弦2フレット
を押さえ、4つの弦を弾くと「Fコード」

 

G7

左手 人差し指 2弦1フレット
中指   3弦2フレット
薬指   1弦2フレット
を押さえ、4つの弦を弾くと「G7」

 

この3つのコードが基本です。

 

頭でコードを覚えたら、
次は体に覚えてもらいます。

 

練習方法

初めは、一つのコードを押さえて弾きます。
G7は3本の指を使うので、ちょっと難しいと思います。

 

それができたら、
C → F → G7 → C ・・・・・
と連続して弾いてみましょう。

 

 

初めのうちは、コードが変わる時、時間がかかると思います。
必ずゆっくりな速度で練習しましょう。

焦らないことです!

体が覚えてきたら、しぜんと速く弾けるようになります。

 

C→G7のコードチェンジのコツは
こちらに詳しく書いてあります。↓

ウクレレ コードチェンジの方法 C→G7

 

練習曲

このように、3つのコードを順番に弾いているだけでは飽きてしまうでしょう?

そこで、「C F G7」だけで弾ける曲をご紹介します。

 

声に出して歌わなくても、
心の中で歌いながら練習すると、
ちょっと楽しくなると思います!

今回は、コードのお話なので、伴奏です。(ソロではありません)

 

〜〜〜きらきら星〜〜〜

C    F  C  G7 C  G7 C
きらきら ひかる  よぞらの ほしよ

C  F  C G7  C F  C G7
まばたきしては  みんなを みてる

C    F  C  G7 C  G7 C
きらきら ひかる  よぞらの ほしよ

 

他にも
・ハッピーバースデー
・ふるさと
・夕焼け小焼け
・海
・You are my sunshine
・Aloha Oe
などなど、沢山あります。

 

ぜひ、心の中で?歌いながら、
3つのコードをマスターしましょう!

 

あなたも、ウクレレを奏でてみませんか?

もし、あなたがウクレレに興味をお持ちでいらっしゃるなら、また基礎からしっかりと学べるウクレレ教室をお探しなら、当教室の体験レッスンへご参加になられてはいかがでしょうか?

ウクレレは、楽器経験のない方でもはじめから弾きやすい楽器です。

楽器未経験の生徒さんが、体験レッスン(60分)で「きらきら星」が弾けるようになっていらっしゃいます(ウクレレ経験の有無によって課題曲は異なります。成果には、個人差があります)。

もし楽器をお持ちでなくても、体験レッスンではウクレレをお貸しすることも可能です(ご希望の方には、ウクレレのご購入についてもアドバイスさせていただいております)。

個人レッスンですので、あなたのペースやご要望に合わせて指導させていただきます。

また、最近は体験レッスンを受講されたうえで、ご入会なさるかどうかを判断される方も少なくありません。

かぎられた時間ではありますが“ウクレレのある生活”を、どうぞ体験しにいらしてください。

体験レッスンについて詳しくお知りになりたい方は、こちらをクリック⇒

ご予約・お問い合わせは、ネット・LINE・お電話から

友だち追加