工房へ行くと、前回クランプでとめておいた
ブリッジがついていました。

これを見ただけで嬉しくなりますね〜


今回は地道な作業でした。


指板に打ち付けたフレットの調整。

フレットを同じように打ち付けていても、
力の加減や、フレットの溝、木の歪みや乾燥で、
多少の凸凹ができてしまいます。
その凸凹をなくす作業。

そして、フレットの端の部分が切りっぱなしだと角があるので、
その角を取ったり、
手でさわって、滑らかな状態にしました。
この作業は「バリ取り」と呼ばれています。

指板の木を傷つけないように、木を削らないように、
金属のフレットを削ります。


この作業は、
今までも、自分のウクレレで我流でやっていました。

ウクレレを長く弾いていると、
だんだんと木が削れてきてフレットが出てきてしまったり。
乾燥などで、木が痩せて、フレットが出てくることがあります。

私の場合、弾く時に爪などで木を削ってしまい、
フレットが出てきてしまい、弾く時に指に当たって痛かったり、
爪にダメージを与えたり・・・


今回、コツや、道具の使い方を教えてもらったので、
これからは、スムーズに出来そうです!


念のため、
自分でできなくても、
バリ取りは、メンテナンスもしている楽器屋さんでお願いできます。