工房へ行くと、前回クランプでとめておいた
ブリッジがついていました。

これを見ただけで嬉しくなりますね〜


今回は地道な作業でした。


指板に打ち付けたフレットの調整。

フレットを同じように打ち付けていても、
力の加減や、フレットの溝、木の歪みや乾燥で、
多少の凸凹ができてしまいます。
その凸凹をなくす作業。

そして、フレットの端の部分が切りっぱなしだと角があるので、
その角を取ったり、
手でさわって、滑らかな状態にしました。
この作業は「バリ取り」と呼ばれています。

指板の木を傷つけないように、木を削らないように、
金属のフレットを削ります。


この作業は、
今までも、自分のウクレレで我流でやっていました。

ウクレレを長く弾いていると、
だんだんと木が削れてきてフレットが出てきてしまったり。
乾燥などで、木が痩せて、フレットが出てくることがあります。

私の場合、弾く時に爪などで木を削ってしまい、
フレットが出てきてしまい、弾く時に指に当たって痛かったり、
爪にダメージを与えたり・・・


今回、コツや、道具の使い方を教えてもらったので、
これからは、スムーズに出来そうです!


念のため、
自分でできなくても、
バリ取りは、メンテナンスもしている楽器屋さんでお願いできます。

あなたも、ウクレレを奏でてみませんか?

もし、あなたがウクレレに興味をお持ちでいらっしゃるなら、また基礎からしっかりと学べるウクレレ教室をお探しなら、当教室の体験レッスンへご参加になられてはいかがでしょうか?

ウクレレは、楽器経験のない方でもはじめから弾きやすい楽器です。

楽器未経験の生徒さんが、体験レッスン(60分)で「きらきら星」が弾けるようになっていらっしゃいます(ウクレレ経験の有無によって課題曲は異なります。成果には、個人差があります)。

もし楽器をお持ちでなくても、体験レッスンではウクレレをお貸しすることも可能です(ご希望の方には、ウクレレのご購入についてもアドバイスさせていただいております)。

個人レッスンですので、あなたのペースやご要望に合わせて指導させていただきます。

また、最近は体験レッスンを受講されたうえで、ご入会なさるかどうかを判断される方も少なくありません。

かぎられた時間ではありますが“ウクレレのある生活”を、どうぞ体験しにいらしてください。

体験レッスンについて詳しくお知りになりたい方は、こちらをクリック⇒

ご予約・お問い合わせは、ネット・LINE・お電話から

友だち追加