今日、6月6日は、
楽器の日
です。


全国楽器協会が1970年に制定しました。
「芸事の稽古は6歳の6月6日から始めると良い」
というなわらしに由来しているようです。


この由来を知ってから、
「私も6歳からウクレレを弾いていたら今頃は・・・」
なんてことをずーっと思っていました。


ところが先日、母と子供の頃の話をしている中で、
6歳からエレクトーンを習い始めていた
という事実を知りました。


小学生低学年の頃、近所のお姉さんがエレクトーンを弾いていて、
「いいな〜私もやりたい!」
と思い、習い始めたという記憶だけで、詳しいことは覚えていませんでした。


ウクレレではないけれど、
6歳から音楽をはじめていたんです!

ちょっぴり嬉しい、母との会話でした。




このように、
あなたも、ご両親や、育ててくれた方から子供の頃の話を聞くことで、
嬉しい発見があるかもしれません。


実際の出来事・あなたのルーツを知ることができるでしょう。


とは言っても、忙しかったり、ご両親と良好の関係ではないと、話をすることすら嫌な場合もありますね。
私も以前はそうでした・・・


でも、話ができるのは、期間限定です。
いつか、話したくても話せなくなる時がきます。

ぜひ、機会をみつけて、聴いてみてください!