「黒ネコのタンゴ」
のウクレレソロ動画と楽譜ができました。

この曲は、
少し?前の昭和な曲なので、
もしかしたらご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが・・・

懐かしいと思って頂けると嬉しいです。

そして私は、楽譜にする時、
その曲のできた経緯
誰が演奏しているのか?
など調べるのですが、

その時、この曲の面白いことを発見しました。

「黒ネコのタンゴ」の発見とは?

1969年に皆川おさむさんが
「黒ネコのタンゴ」でデビューしました。

このあたりの事はご存知の方も多いかと思います。

この、皆川さんの「黒ネコのタンゴ」は
「日本語版」なのです。

原曲は?

イタリアの童謡です。
「Volevo un gatto nero」
「黒い猫が欲しかった」
という題名がついています。

この題名を見ただけで、
原曲と日本語版の歌詞に
大きな違いがあるような気がしませんか?

そうなのです。

原曲の歌詞は、

『「アリゲーター、キリン、象、動物園ごと全部あげるから、代わりに黒い猫をちょうだい」
と、お友達にお願いしたのに、
友達がくれたのは白い猫。
僕が本当に欲しかったのは黒い猫なのに・・・
そんな友達とは、もう一緒に遊んであーげないっ』

という内容です。

笑えませんか?
可愛らしいです!

 

私は、この原曲の歌詞を知って、
「黒ネコのタンゴ」が大好きになりました。

日本語で
「黒ネコのタンゴ、タンゴ、タンゴ」
と歌う部分、

原曲では、
「欲しいのは黒、黒、黒」
と歌っています。

 

このように、

  • 曲の本当の意味
  • 曲のできた背景

などを知ると、
その曲の魅力がもっと理解できて、

それが、
自分の演奏表現にも繋がってきます。

 

今、あなたが取り組んでいる曲がありましたら、
ぜひ、そういった部分を知って弾かれると、
より一層素敵な演奏になります。

 

というわけで、
「黒ネコのタンゴ」お楽しみ下さい。

  • イイねボタン
  • チャンネル登録

よろしくお願い致します。

 

弾いてみたい方は、
ウクレレソロ用の楽譜も下記に公開しております。

 

 

あなたも、ウクレレを奏でてみませんか?

もし、あなたがウクレレに興味をお持ちでいらっしゃるなら、また基礎からしっかりと学べるウクレレ教室をお探しなら、当教室の体験レッスンへご参加になられてはいかがでしょうか?

ウクレレは、楽器経験のない方でもはじめから弾きやすい楽器です。

楽器未経験の生徒さんが、体験レッスン(60分)で「きらきら星」が弾けるようになっていらっしゃいます(ウクレレ経験の有無によって課題曲は異なります。成果には、個人差があります)。

個人レッスンですので、あなたのペースやご要望に合わせて指導させていただきます。

また、最近は体験レッスンを受講されたうえで、ご入会なさるかどうかを判断される方も少なくありません。

かぎられた時間ではありますが“ウクレレのある生活”を、どうぞ体験しにいらしてください。

体験レッスンについて詳しくお知りになりたい方は、こちらをクリック⇒

ご予約・お問い合わせは、ネット・LINE・お電話から

友だち追加