先日、

   東京ヨハンソン

のライヴに行ってきました。

北欧音楽、

  ニッケルハルパ

  マンドーラ

を演奏している二人組。

マンドーラは、

見た目はマンドリンを大きくした感じの

リュート族の撥弦楽器。

 

これは、以前、見たり聴いたりした事はあったのですが・・・

 

ニッケルハルパは初めてでした。

これは、スウェーデンの民族楽器。

スウェーデン語で

   ニッケル = 鍵盤

   ハルパ = ハープ

という意味だそうで、

名前通り、見た目は、

バイオリンに鍵盤をくっつけた感じ。

弓で演奏する楽器です。

 

日本で、ニッケルハルパを演奏している方は

数少ないそうです。

 

そして、

  ポルスカ

という種類の曲を沢山演奏して下さった。

 

北欧の音楽はあまり聴いた事がなく、

知識もなく、

初めて聴く曲ばかりだったけれど。

 

楽器の紹介や、

北欧音楽のリズムの話等をもりこんで、

楽しい興味深いライヴでした。

 

民族音楽は、その土地の雰囲気を味わう事ができて、

ちょっとした旅行気分。

それが今迄に行った事のある場所だったりすると、

その時の旅の様子も思い出されて、

私は好きだなぁ〜

 

だから?

私も

ハワイの民族楽器 ウクレレで、

民族音楽 演奏してるのかな?

 

東京ヨハンソンのライヴ

楽しかったぁ〜 😀