今回は2回シリーズで、
「ウクレレは弦楽器?それとも?」
をお伝えします。
 
 
前回の記事を読んでいない方は
こちらから読むことができます。

前回の内容はこちら

 
 
前回は、
「ピアノは打楽器であって、弦楽器の役割もある楽器」
とお伝えしました。
 
 
ウクレレも、
「弦楽器という打楽器」
と表現することができる楽器です。

その理由とは?

弦楽器の中でも、
ウクレレと似ているギターは

  • 「弾く(はじく)」
  • 「つま弾く」

と表現すると思います。
 
 
ウクレレも、曲によっては、
(ボサノバやジャズなど)
ギターのように、はじいたり、つま弾いて演奏もします。
 
 
その一方で、
ウクレレは、ピアノのように、

自分の指で弦を叩いて音を出す。

という弾き方もできる楽器なのです。
 
 
 
「叩く」というと、
「力で弾くの?」
と思われるかもしれませんが、
脱力して、叩く弾き方があります。

  • 指の使い方
  • 手首の使い方
  • ウクレレの構え方

などで叩いて弾くことが出来ます。

叩いて弾く

叩いて弾く事で、

ソロ(1人)で弾いても
ダイナミックな演奏ができ、

小さい楽器でも、
いろいろな表現ができ、

  • ウクレレだからできる演奏
  • ウクレレらしい演奏

になります。

 
そんな理由から、
「ウクレレは叩くという打楽器の要素も入った弦楽器」
と言えるのではと思います。
 
私が叩いて演奏している代表曲は、

ヒロマーチ
コハラマーチ
グーファス(Goofus)
などがあります。
 
 

ヒロマーチの動画

 
 
動画を見ていただけると
おわかり頂けると思います。

脱力して弾いています。
 
 

レッスンでは、
「ヒロマーチ」などを課題曲に選ぶと、
他では学べない、ウクレレ独特の
「叩く弾き方」
をマスターできます。
 
 

40代、50代の女性の方へ、体験レッスンを開催しています

  • 歌が苦手な方も楽しめる、ウクレレだけの演奏(ウクレレソロ)が学べます。
  • はじめての方も、経験者の方も、基礎から学ぶことができます。
  • 楽譜が苦手な方でも、簡単に理解できるウクレレ専用の楽譜(タブ譜)を使うので安心です。
  • 同性の女性講師から学べるので、気兼ねなく安心して受講できます。
  • 楽器をお持ちでない方も、体験レッスンでは無料でレンタルできます。