今日はウクレレの
「チューニングが大切な理由」
についてお伝えします。
 

 

チューニングとは

チューニングとは、
それぞれの音を、決まった音に合わせることです。
調律とも言います。
 
ウクレレでは
「ソドミラ」
ですね。
 
4弦 ソ
3弦 ド
2弦 ミ
1弦 ラ

 

なぜ重要なの?

それは、チューニングが合っていないと、音がずれるため、
音痴なウクレレになってしまうからです。
 
 
やはり、聴きたいと思う音楽は
綺麗で
優雅な
癒される音楽ではないでしょうか?
 
 
その第一歩として、音痴なウクレレにならないために、
チューニングは重要になります。
 
どんなに上手く弾ける技術を持っていても、
音痴なウクレレで弾かれては、
耳を塞ぎたくなるのではないでしょうか?
 

 

チューニングをしないと・・・

チューニングに慣れていないと、

  • 面倒くさい
  • 時間がかかって嫌だ
  • 上手くできない
  • 自分1人での練習だからいいや

と思ってしまいがちですね。
 
 

中でも一番怖いのは、
「自分1人の練習だから」と音痴ウクレレで練習することです。
 
チューニングが合っていない音痴ウクレレで弾いていると、
音痴ウクレレの音を覚えてしまい、
正しい音がわからなくなることです。
 
 
チューニングがされているウクレレで弾いていると、
正確な音を聞き、
覚えられるようになります。
  
 
慣れてくると簡単にできるようになるので、
ぜひ、チューニングをする癖をつけていただきたいと思います。
 
 
弾く前のチューニングをお忘れなく。
 

はじめてウクレレを弾く、40代、50代の女性のあなたへ

女性限定メルマガ〜自宅でできる「はじめてのウクレレ・メール講座」

全12回の無料メール講座で、
ウクレレの持ち方から、楽譜の見方、基本の弾き方などが自宅で学べます。

 
課題曲は、誰でも知っている
「ハッピー・バースデー」
Happy Birthday to You
 
この曲をテーマに、
ウクレレの持ち方から
基本の弾き方、楽譜の見方
などを学ぶことができます。
 
 

このレッスンでわかること

  • ウクレレの持ち方
  • 楽譜(タブ譜)の見方
  • ウクレレの音を合わせる方法〜チューニング
  • ウクレレの弾き方の基本
  • 右手の弾き方
  • 左手の押さえ方

など