昨日、3月26日は、私の誕生日でした。

沢山のメッセージ、プレゼント、

ありがとうございました。


その新しい年の初めに、

約15年伸ばしていたロングヘアを切ってきました。

切った長さは約30センチ

IMG_3049

そして、その髪を ヘアドネイション (髪の毛を寄付)しました。

寄付先は、

  Japan Hair Donation & Charity  ( ジャパン ヘアドネイション チャリティー)

 

この団体は、

頭髪の悩みを持つ18歳以下の子供たちに、100%寄付された髪の毛を使って『フルオーダーメイドの医療用ウィッグ』を作り、無償でプレゼントしている、日本で唯一の特定非営利活動法人です。

 

切った後、捨てられる私の髪が、

このような子供達の為に役立つのであれば嬉しいですね。

 

 

なぜ?寄付をしようと思うようになったのか?

以前、私の近くの女性が、

ガン治療の抗がん剤の副作用で、一時期髪が無い状態にありました。

抗がん剤を受けているだけでも辛いのに、髪の毛まで・・・

その方は、髪が抜け、はえ揃えるまでウィックを使用していましたが、

それも、人工のものと、本当の髪で作られたものでは、

だいぶ違うものでした。

実際にそういう方を間近で見ていて、

自然な、本当の髪で作られたウィックで、

少しでも慰め、喜びになればと・・・

 

 

けれど、私が髪を伸ばしはじめた理由は、ヘアドネイションという事ではなく、

以前ハワイへ旅をしたのがきっかけです。

旅行中、ローカルバスに乗った時、私の前の席に、

「フラを踊っているのだろうな〜」

と思われる奇麗なロングヘアの女性が座りました。

その方の髪がとっても素敵で、その後姿に憧れたのがきっかけ。

それから髪を伸ばし、同じようにパーマをかけたり・・・

その後、フラを始めて、

「髪の毛にはマナが宿る」

という事を知り、大切に伸ばしていました。

    マナとは、ハワイ語で、神様、魂というような意味です

 

その頃、このような取り組みをしている団体が有る事を知り、

「私もいつか髪をバッサリ切る時は寄付しよう」

と思っていました。

 

今回の私のように、ロングヘアの方で、これからバッサリ切ろうかと思っている方へ、

このような活動があるのだと知っていただけたら、

嬉しく思います。

 

 

髪を切ってみて、まだ一日しか経っていないけれど・・・

  上着を着るとき、髪が服の間に入らない

  マフラー、スカーフをする時も・・・・

  そして、髪を洗って、トリートメントを付ける髪がないぃぃぃ〜

  すすぎがあっという間に終わる〜エコですね

  ブラシでとかしても、途中で髪がないぃぃぃ〜

  でも、直に乾いて、楽です♡

  寝るときの髪の位置を気にする事がなくって、「これでいいの〜?」って感じ・・・汗

  朝起きて、鏡をみるまでドキドキ☆

15年ぶりのショート?ミディアム?

久しぶりの感覚で、とっても新鮮!

  慣れる迄ドキドキです♡