少し前の事です。

去年のクリスマス、

  サンクトペテルブルグ室内合奏団

のコンサートへ行ってきました。

 


サンクトペテルブルグ室内合奏団は、

弦楽合奏 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス

曲によって、ハープや歌が入るという編成。

 

最近、オーケストラや、オペラの演奏を聴く事が多かったので、

弦だけというのも、新鮮で、

落ち着いた演奏でした。

ハープもステキ!


プログラムは、

クラッシックのコンサートにしては珍しく、

私の知っている曲ばかり。

 

普段のクラッシックコンサートでは、

私の知らない曲ばかり・・・という事が多々・・・汗

 

そして、アンコールでは、

2人のソプラノの方が、日本語で歌って下さったり・・・

 

とても、楽しめたコンサート&クリスマスでした。